주요 기사 바로가기

「起死回生」孫正義氏、1.4兆円の赤字から半年後1.9兆円の黒字へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.13 10:02
0
自ら「崖っぷち」と話していたソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が起死回生した。新型コロナウイルス感染症の影響で過去最悪の赤字を出した衝撃を乗り越えて反騰に成功した。

孫会長にとって年初の3カ月は非常に厳しい時期だった。ソフトバンクグループは1-3月期に1兆4381億円の赤字を出した。結局、2019会計年度(昨年4月-今年3月)の最終決算では9616億円の赤字となった。しかし今月9日に発表した2020会計年度上半期(4-9月)の業績では劇的な反転を見せた。ソフトバンクグループの6カ月間の純利益は1兆8832億円にのぼった。1年前と比較すると350%ほど純利益が増加した。

ソフトバンクグループの株価は3月に底打ちして反騰した。先月19日には7244円まで値上がりした。3月の今年の最安値(2687円)と比較すると170%ほど上昇した。ただ、12日の東京証券市場でソフトバンクグループの株価は6679円で取引を終えた。最近、中国金融当局がアリババの子会社アントグループの上場を無期限延期にしたのがソフトバンクグループの株価にも悪材料となった。ソフトバンクグループはアリババの株式を20兆円以上も保有(9月末基準)する最大株主だ。

孫会長は経営戦略の変化も率いる。日本経済新聞は最近、「孫会長が人工知能(AI)関連ユニコーン(時価総額10億ドル以上の非上場企業)に集中してきた投資戦略を修正した」と報じた。その代わり「多様な投資対象に資金を投入する総合的な投資会社を目標にしている」と同紙は伝えた。孫会長は9日の記者会見で「一言で言えば、情報革命への投資会社になった」と説明した。孫会長は「国にこだわらず投資するが、中心は米国と中国だ」とし「(米国には)シリコンバレーがあり、どんな状況や金利であっても米国のAI企業に投資していく」と述べた。株価の動きが激しいという指摘に対しては「一日に2兆-3兆円変動するのはソフトバンクのニューノーマル」と説明した。

孫会長がアリババなど既に投資した企業の株式を売却した規模は3月以降5兆6000億円にのぼる。9月には英国の半導体設計企業ARMを米エヌビディアに400億ドルで売却することにした。このように現金を確保した後、一部は自社株買いなどで株主に還元し、一部は攻撃的投資に活用するというのが孫会長の構想だ。

ここには米ヘッジファンド運用会社エリオットマネジメントの助言も作用したと、ウォールストリートジャーナル(WSJ)は伝えた。同紙は今年3月にソフトバンクグループの株価が急落すると、孫会長を含むソフトバンクグループ経営陣がエリオットの役員と毎日電話会議をしたと報じた。エリオットは昨年秋、ソフトバンク株を取得して2大株主になった。

ウォールストリートジャーナルは「ソフトバンクグループに助言をしたエリオットの役員の中にはゴードン・シンガー氏(46)もいた」と伝えた。エリオット創業者ポール・シンガー氏の息子で、ロンドン事務室の代表を務めている。「シンガー氏のチームは孫会長に企業支配構造を改善し、自社株買いをするよう圧力を加えた」と同紙は紹介した。

ソフトバンクグループが最近、社内取締役4人を辞任させたのもエリオットの要求と関係があるとみられる。これでソフトバンクグループの取締役会(計9人)で社外取締役(4人)が占める比率が大きく高まった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「起死回生」孫正義氏、1.4兆円の赤字から半年後1.9兆円の黒字へ

    2020.11.13 10:02
    뉴스 메뉴 보기
    ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長
    TOP