주요 기사 바로가기

<大リーグ>2年連続サイ・ヤング賞候補の柳賢振、今年は3位…前田が2位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.12 13:44
0
「コリアンモンスター」柳賢振(リュ・ヒョンジン、33、トロント・ブルージェイズ)が2年連続でメジャーリーグ(MLB)最高投手に授与されるサイ・ヤング賞の候補に入ったが、今年は投票で3位に終わった。

柳賢振は12日(日本時間)、全米野球記者協会(BBWAA)が発表したアメリカンリーグのサイ・ヤング賞投票の結果、2位票4枚、3位票7枚、4位票5枚、5位票4枚の総点51点で3位だった。

シェーン・ビーバー(クリーブランド・インディアンズ、210点)が1位、前田健太(ミネソタ・ツインズ、92点)が2位だった。1位票はビーバーがすべて獲得し、全員一致でサイ・ヤング賞を受賞した。アメリカンリーグのサイ・ヤング賞投票で全員一致となったのは今回が10回目。

ビーバーは今季12試合(77イニング1/3)に出場し、8勝1敗、防御率1.63、122奪三振をマークした。前田は11試合(66イニング2/3)で6勝1敗、防御率2.70、80奪三振。柳賢振は今季12試合(67イニング)に先発、5勝2敗、防御率2.69、72奪三振をマークし、トロントのエースの役割を果たした。

柳賢振はLAドジャース所属だった昨年もナショナルリーグのサイ・ヤング賞候補に挙がったが、当時は1位票1枚、2位票10枚など88点で2位だった。

ナショナルリーグのサイ・ヤング賞には自由契約選手(FA)のトレバー・バウアーが選ばれた。バウアーは1位票27枚、2位票3枚で201点だった。日本のダルビッシュ有(シカゴ・カブス)は1位票3枚、2位票24枚、3位票2枚で2位(123点)に入った。

サイ・ヤング賞投票はBBWAA会員記者30人が参加し、投票は正規シーズン終了後に行われた。サイ・ヤング賞の投票権者は1位から5位までの投手5人を選択して順位別の点数をつけ、サイ・ヤング賞の受賞者を選定する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>2年連続サイ・ヤング賞候補の柳賢振、今年は3位…前田が2位

    2020.11.12 13:44
    뉴스 메뉴 보기
    柳賢振
    TOP