주요 기사 바로가기

洪準杓議員「韓国国家情報院長、外交部・駐日大使を抜いて韓日問題に関与」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.12 07:55
0
洪準杓(ホン・ジュンピョ)無所属議員が朴智元(パク・ジウォン)国家情報院長の訪日をめぐり「国家情報院長が外交部と駐日大使を抜いて韓日間政治問題に関与している」と批判した。

洪議員は11日、フェイスブックを通じて「国家情報院長は国内政治だけでなく海外政治にも関与することが禁止されているが、(朴院長が)日本に行って韓日間政治問題に堂々と、公開的に関与している」として「実に超法的な存在」と書き込んだ。

また「北朝鮮通知文が偽物かどうかの議論もあったが、今回は国際政治でも活躍しているので実にすごい」として「見当違いの対米外交で米国間外交部長官が『カカシ長官』になった」と書いた。

朴院長は8日二階俊博自民党幹事長に続いて9日国家安全保障局(NSS)の北村滋局長と瀧澤裕昭内閣情報官、10日菅義偉首相と会談して訪日日程を終えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    洪準杓議員「韓国国家情報院長、外交部・駐日大使を抜いて韓日問題に関与」

    2020.11.12 07:55
    뉴스 메뉴 보기
    洪準杓無所属議員が9日、国防部、5.18民主化運動真相究明調査委員会、兵務庁、防衛事業庁の2021年度予算案などに関連して国会で開かれた国防委員会全体会議で質問している。オ・ジョンテク記者
    TOP