주요 기사 바로가기

WHO「北朝鮮、1万人以上コロナ検査したが確診者0人」

ⓒ 中央日報日本語版2020.11.10 15:03
0
北朝鮮で先月末まで累積1万2000人余りがコロナの検査を受けたが、感染者はいないことが報告されたと世界保健機関(WHO)の関係者が伝えた。

WHO平壌(ピョンヤン)事務所のエドウィン・サルバドール所長は9日(現地時間)、ラジオ・フリー・アジア(RFA)とのインタビューで、北朝鮮保健省が先月29日までに1万2072人を対象にコロナ検査をしたが、全員陰性判定を受けたとの報告をしてきたと明らかにした。

サルバドール氏は北朝鮮で検査を受けた人々のほとんどは南浦港(ナムポハン)や新義州(シンウィジュ)陸路国境地帯など入国地点や検疫所(quarantine centers)で働いている人々だと説明した。

サルバドール所長は「10月下半期に検査件数が増えたのは冬が始まってインフルエンザや重症急性呼吸器疾患症状を示した患者が増加したため」と説明した。ただし、22~29日1週間の新規隔離者数は174人で、その前の週161人とほぼ同じ水準を示した。

サルバドール氏は先月29日現在、北朝鮮で隔離中の人は897人で、隔離されていたもののその後解除された累積人数は北朝鮮住民3万1800人・外国人382人など合計3万2182人だと付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP