주요 기사 바로가기

【社説】「敵味方の分裂政治」の審判を受けたトランプ氏…われわれも振り返らねば=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.10 12:01
0
ドナルド・トランプ米国大統領は現役だが再選に失敗した。現役の利点を生かすことができなかった。1992年父ブッシュ大統領(ジョージ・H・W・ブッシュ)以降初めてだ。再選に出た現役大統領(20人)が敗れたのは5人(1900年以降)に過ぎない。トランプ氏の失敗の原因を考えると、一つや二つでない。だが、誰でも共通して指摘する原因がある。それは「敵味方」を分ける分裂政治だ。トランプ氏の分裂に疲れた米有権者は和解のジョー・バイデン氏を大統領に選んだ。

トランプ氏は在任期間の間移民者に対する嫌悪と人種間葛藤をあおってきた。執権するやいなや不法移民者の流入を防ぐとして南部の国境地帯に障壁を建てようとして野党と衝突した。対立は最長期連邦政府のシャットダウン事態につながった。この前には警察の過剰鎮圧で黒人男性のジョージ・フロイドさんが死亡することで全国的なデモが起きたが、トランプ氏はデモの背後を実体のないテロ団体だと主張した。また、2017年には白人優越主義者が起こした人種差別暴動をめぐり、両剣論を展開して大衆から怒りを買った。トランプ氏は葛藤をそそのかして白人支持層の拡大を試みた。

国際社会に向かっても同じだった。多者主義の秩序を無視して国際機構を無力化させ、パリ協定など国際協約からも相次ぎ脱退した。米国優先主義を前面に出して同盟に揺さぶりをかけた。トランプ氏の独走によって国際社会が混乱を強いられた。トランプ氏は世界最強国であり模範的な民主主義国家をただ4年ぶりに「あ、米国があのようにもなるんだ」と思わせた。トランプ氏の没落の過程を見せた今回の米国大統領選は韓国にも示唆するところが少なくない。いつにもまして国論が両側に分裂している状況が米国と大きく変わらない。文在寅(ムン・ジェイン)政府は発足以降から積弊清算で分裂の種を残した。昨年、チョ・グク前法務部長官事態からは国論が光化門(クァンファムン)と瑞草洞(ソチョドン)に分かれて対立している。日本関連懸案が浮上すると国民は土着倭寇とそうでないの人に分かれる。与党では執権以来対決構図を通した支持者の結集にこだわり、その過程でトランプスタイルがちらついた。

文在寅大統領は就任の辞で「今日から国民皆の大統領になる」と約束した。国民にはあの記憶が鮮やかに残っている。だが、果たしてそれが実現されたと信じる国民がどれほどいるだろうか。「国を分裂でない団結させる大統領になる。米国が一つであることを見せたい」と言ったバイデン氏の勝利宣言演説を聞いて格別な期待感が芽生えるのはなぜだろうか。治癒の時間は米国だけでなくわれわれにも必要だ。文大統領は遅れたと考えずに考えを少しでも変えてほしい。参謀らと味方の話だけに耳を傾けず、反対側と疎通して和解と統合のために努力してほしい。トランプ氏が投げかける教訓は決して軽くない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP