주요 기사 바로가기

<米大統領選>バイデン氏「選挙人270人確保」…リンカーンを引用して事実上勝利宣言

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.05 07:43
0
米国のジョー・バイデン民主党大統領候補は4日(現地時間)午後、「夜を徹する開票の結果、われわれは大統領当選に必要な選挙人270人に達するほど、十分な州で勝利しているということが明らかになった」と述べた。

ただし、バイデン氏は「われわれが勝ったと宣言しにきたのではない」とし「開票が終わればわれわれが勝者になると信じていると皆さんに報告しにきた」と述べた。

勝利宣言ではないとしたが、選挙人270人の確保を説明することに注力し、国民を説得してドナルド・トランプ大統領側に承服を求めようとする狙いがあるとみられる。

バイデン氏は選挙人270人をどのように獲得したのか、得票差や開票率、残りの投票数などに言及して詳細に説明した。特に、トランプ大統領との得票差を説明しながら、4年前トランプ大統領がヒラリー・クリントン民主党候補を抑えた当時の票差と事実上同じである点を強調した。

「われわれはウィスコンシン州で2万票の差で勝利した。これはトランプ大統領が4年前ここで勝った得票差と事実上全く同じだ」

「ミシガンでわれわれは3万5000票以上上回っていて、その差はますます広がっている。トランプ大統領が2016年ミシガン州で勝利したのと似ている。ミシガンは早ければ今日中に開票を終えるだろう」

「ペンシルバニアに対して感触がいい。現在開票を控えている票は事実上ほぼすべて郵便投票で行使された票だ。今までわれわれは郵便投票で勝率78%を示している」

「われわれはアリゾナとネブラスカの2選挙区を共和党から奪ってきた」

バイデン氏は何より重要なのは総投票数でも勝っている点だと話した。

バイデン氏は「ハリス副大統領と私は、総投票数で300万票先んじていて、格差はますます広がっている」としながら「米国人の大多数の支持で勝利するということは、私にとって特別な意味がある」と話した。

続いて「実際、ハリス候補と私は米歴史上大統領と副大統領候補の中で最も多い得票数へ向かっている」としながら「現職大統領を破った事例も米国の歴史で3回しかない」と強調した。

また「1億5000万人を超える米国人が投票して史上最高値を記録すると予想される」とも話した。

バイデン氏はエイブラハム・リンカーンの言葉を引用して「国民の、国民による、国民のための政府は米国に息づいている」としながら「ここでは国民が統治する。権力は奪ったり主張したりすることはできない。それは人からにじみ出る」と話した。続いて「それ(権力)が、誰が米国の大統領になるのかを決定する」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <米大統領選>バイデン氏「選挙人270人確保」…リンカーンを引用して事実上勝利宣言

    2020.11.05 07:43
    뉴스 메뉴 보기
    ジョー・バイデン民主党大統領候補
    TOP