주요 기사 바로가기

韓国検察総長「生きている権力の顔色をうかがわずに捜査できてこそ真の検察改革」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.04 08:30
0
秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官と尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長が3日、またお互いを批判した。秋長官が検察改革を強調して「検察総長が検察の政治的中立を傷つけた」と先制攻撃すると、尹総長は「生きている権力を捜査できるのが真の検察改革」と真っ向から対立した。

秋長官は「カミングアウトした検事の辞表を受理しなさい」という内容の青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民請願の署名人員が40万人を超えると、この日午後3時ごろ立場文を発表した。彼は「検察の政治的中立はどの機関より厳重に求められる」として「その頂点にある検察総長の言動と行動がむしろ検察の政治的中立を傷つけて国民的信頼を墜落させている昨今の状況を非常に重大な問題と受け止めている」と明らかにした。「法務部長官として検察の政治的中立性の担保に対する責任を痛感している」ともした。尹総長を直接名指して強く批判したものだ。

だが、秋長官は一線検事らの集団反発については「検察改革」という名分を全面に出して回避した。秋長官は立場文に「すべての検事らが法律家として誇りを持って国民のために働ける方向で検事らと疎通しながら検察改革を実現したい」と指摘した。同時に「検事らの多様な意見にも耳を傾けている」「検事らも改革の道にともに参加することを期待する」と促した。

今回の「カミングアウト」をめぐる論議は捜査指揮権の発動と尹総長に対する監察指示などにイ・ファヌ済州(チェジュ)地検検事が反発して文章を投稿すると、秋長官がこれを「反検察改革カミングアウト」として始まった。これを受け、チェ・ジェマン春川(チュンチョン)地検検事が「私もカミングアウトしたい」と反発し、300人余りの検事がコメントで支持の意向を示すことで「デジタル検乱」に拡大したという評価が出ている。

すると、与党支持者が彼らの辞表を受理すべきだという趣旨で青瓦台国民請願掲示板に掲載して秋長官の支援に出た。該当請願には3日現在、39万人余りが同意した。秋長官のこの日の回答は請願の締め切り期限(11月29日)が到来する前に発表されたわけだ。国民的関心が大きく、検察内部の論争も激しかったため、長官の立場表明が必要だったというのが法務部の立場だ。だが、検察内外では国民請願をきっかけに事実上尹総長に検察混乱の責任を転嫁して辞退の圧力をかけたのではないかという見方がある。すでに予告されていた尹総長の法務研修院講演直前に立場文を出したことに対しても「偶然だ」という指摘が出る。これを受け、尹総長に向けられた矛先の中の一つであるライム資産運用事件に関連してソウル南部地検刑事第6部がこの日、ライムファンド販売社を検査・監督する金融監督院金融投資検査局を押収捜索したのも注目すべきことだ。 韓国検察総長「生きている権力の顔色をうかがわずに捜査できてこそ真の検察改革」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国検察総長「生きている権力の顔色をうかがわずに捜査できてこそ真の検察改革」(1)

    2020.11.04 08:30
    뉴스 메뉴 보기
    秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官
    TOP