주요 기사 바로가기

「韓国大統領候補の選好度、李洛淵氏・李在明氏が共同1位…尹錫悦検察総長17.2%」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.11.02 10:42
0
次期大統領候補選好度で共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)代表と李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事が共同先頭を占めたという世論調査結果が出た。

リアルメーターがオーマイニュースの依頼で先月26日から30日まで全国18歳以上の成人男女2576人を対象に次期大統領候補の調査(95%信頼水準に標本誤差±1.9%ポイント)を実施した結果、李代表と李知事が21.5%で共同1位を占めた。

前月に比べて李代表は1.0%ポイント下がったが、李知事は0.1%ポイント上がった。

尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長に対する選好度は前月より6.7%上がった17.2%だった。尹総長が選好度調査に選ばれた6月以降最高値だ。

リアルメーターのペ・チョルホ首席専門委員は尹総長の躍進に関して「選好度15%を超えて有権者に存在をはっきりと知らせた、いわゆる『しきい値効果』を見せた」として「尹総長は自ら光を放つ発光体でなく、反射体の意味で国政監査の発言、秋美愛(チュ・ミエ)長官との葛藤など与党が彼の選好度を高めた模様」と分析した。

また、国民の党の安哲秀(アン・チョルス)代表(4.9%)、無所属の洪準杓(ホン・ジュンピョ)議員(4.7%)、オ・セフン元ソウル市長(3.6%)、黄教安(ファン・ギョアン)前未来統合党代表(3.3%)、秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官(3.1%)、元喜龍(ウォン・ヒリョン)済州(チェジュ)知事(3.0%)、金慶洙(キム・ギョンス)慶南(キョンナム)知事(2.2%)、ユ・スンミン前議員(2.2%)、国民の力の朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表(1.5%)、正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)前代表(1.3%)、民主党のキム・ブギョム前議員(1.0%)の順だった。

支持候補がないという回答は6.1%、「分からない・回答なし」は2.2%だった。

詳しい内容はリアルメーターや中央選挙世論調査審議委員会のホームページで確認できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国大統領候補の選好度、李洛淵氏・李在明氏が共同1位…尹錫悦検察総長17.2%」

    2020.11.02 10:42
    뉴스 메뉴 보기
    共に民主党の李洛淵代表と李在明京畿道知事。イム・ヒョンドン記者
    TOP