주요 기사 바로가기

文大統領、北朝鮮の銃撃には言及せず「平和の切実さを確認するきっかけ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.29 07:14
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、来年度予算案の説明のための国会施政演説で「もう防疫で確実な安定とともに経済で確実な反騰を実現すべき時間」と述べた。演説の半分程度を新型コロナの防疫と経済回復の成果を紹介することに割いた文大統領は「大韓民国は『危機に強い国』であることを全世界に証明している」とし、「防疫と経済いずれも世界で最も有効的な先制措置を取った国になっている」とした。

演説のキーワードは「経済」だった。文大統領は「防疫と経済をともに成功、必ず二兎を追うことを確認した席」とした。また「国民の暮らしを守り、国の未来を開くために財政の役割がさらに重大になった」とし「来年度予算は国難克服と先導国家に向かうための意志をこめた」と話した。

政府が求めた来年の予算は555兆8000億ウォン(約51兆円)だ。本予算だけで比較すると、今年(512兆3000億ウォン)より8.5%増えた「超スーパー予算」だが、文大統領は「(今年の)補正予算まで含めば0.2%増えたもの」としながら拡大幅が大きくないと強調した。また「追い上げ型経済から先導型経済に大転換」を目指して「厳しい時期であるほど未来を見なければならない。韓国版ニューディールを力強く推進する」と述べた。

北朝鮮軍による公務員襲撃死亡事件に関連しては「最近西海(ソヘ)での韓国国民の死亡で国民の心配が大きいだろう。事実を究明して政府の責任を全うするだろう」と述べた。「平和体制の切実さを改めて確認するきっかけになった」ともした。これを受け、政界では北朝鮮の銃撃に言及せず批判的な見方を遮断したという指摘が出た。国民の力のキム・ビョンウク議員は「海水部公務員はただ『死亡』したのでなく、北朝鮮軍によって銃殺された。はっきりとしてほしい」として「平和体制の切実さを感じるのでなく、大統領らしい大統領の不在を国民は切実に感じている」と批判した。文大統領は最近論議を呼んでいる秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官と尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長の葛藤については言及しなかった。その代わりに「聖域のない捜査と権力機関の改革という国民の希望がこめられた高位公職者犯罪捜査処の発足遅延ももう終わらせてほしい」とした。

文大統領は不動産政策について、「伝貰(チョンセ、契約時に一定の金額を賃貸人に預け、月々の家賃は発生しない不動産賃貸方式)市場を必ず安定させる」とし「賃貸借3法を早期に安着させ、質の良い中型公共賃貸アパートを供給する」と述べた。「不動産市場の安定、実需要者の保護、投機抑制に対する政府の意志は断固としている」として政策方向を再確認した。野党に向かっては「公正経済3法の処理、警察法と国家情報院法など権力機関の改革法案も立法を通じて実を結んでくださることを願う」と求めた。

この日、演説に使われた言葉は「経済」が43回で最も多かった。過去、しばしば使われた「包容」(2年前18回)、「公正」(昨年27回)はそれぞれ1回と2回だけが使われた。この日の原稿は文大統領が前日まで何度も直接修正したという。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「今回の施政演説は一言でいって経済演説」とし「ただし、従来の基調を捨てたというより文大統領が現在を経済成長の機会にして判断したと見たほうがさらに正確だろう」と話した。

野党は文大統領の演説を強く批判した。国民の力の朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表は「国政全般に対する率直な失敗を認めて国会で協調を求めるべきなのに、美辞麗句だけがいっぱいな演説だった」と指摘した。ユ・スンミン前未来統合党議員はフェイスブックに「『奇跡のような先制措置』など防疫と経済の成功を自画自賛する大統領の演説を聞いていると、まるで私たちが何も心配することのない希望に満ちた国で幸せに暮らしていると勘違いするほど」と指摘した。

国民の力のユン・ヒソク報道官は「賃貸借3法で不動産市場が大きく揺れているのにその法を早期に安着させるというから国民の住居安定は遠ざかったようだ」と論評した。国民の力のチェ・ヒョンドゥ院内報道官は「デジタルニューディールやらグリーンニューディールやら大統領任期中に終えることもできない派手な青写真を掲げて555兆8000億ウォンの桁外れの予算を要請したが、徹底的に細かく審査する」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領、北朝鮮の銃撃には言及せず「平和の切実さを確認するきっかけ」

    2020.10.29 07:14
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領
    TOP