주요 기사 바로가기

大胆不敵な台湾…中国の鼻先40キロメートルの距離に米国製ミサイル配備

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.28 16:00
0
台湾が米国から購入したハープーン地対艦ミサイルを中国に近い台湾の島しょ地域に前進配備する。中国本土と約40キロメートルしか離れておらず、中国の激しい反発が予想される。

台湾の自由時報などは28日、台湾国防部シンクタンクである国防安全研究院(INDSR)の研究報告書を引用し、ハープーン海岸防衛システムを台湾本島周辺の島しょ部に配置すると報道した。

ハープーン地対艦ミサイルが追加構築されるのは馬祖、澎湖地域だ。ここにはすでに「雄風ミサイル」が配備されている。

INDSRの蘇紫雲研究員は、米国が台湾に販売した先端兵器には効果的に目標物を識別できるレーダー車両25台が含まれていると明らかにした。また、今後米国が追加販売予定の攻撃・偵察用無人攻撃機(ドローン)「MQ9リーパー」まで導入されるならば台湾の長距離精密打撃能力が強化されるものと説明した。

一方、台湾国防部は中国軍のY-8電子戦機が前日に中国広東省と福建省の境界海域で台湾西南部の防空識別圏(ADIZ)に侵入し台湾軍が対応出撃したと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP