주요 기사 바로가기

元韓国ガールズグループのメンバーの相次ぐ所属事務所批判…なぜか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.23 17:04
0
1/2
少女時代ティファニー、ユナ、ユリ、サニー、ソヒョン、テヨン[中央フォト]
「所属会社が望み求めることを最優先視しないアーティストは認めなかった。革新より伝統が、真正性より機械的な完ぺきさが重要だった…絶えず体重検査を受け、インタビューの練習をして、有酸素運動にまい進した」

31日に出版される元少女時代メンバーの歌手ジェシカの小説『Shine(シャイン)』の一部の内容だ。この本はK-POPスターを夢見る韓国系米国人レイチェル・キムが傷一つない完ぺきさだけを認める大型芸能事務所DBエンターテインメントの練習生に選ばれた後に体験する人生を扱った。K-POPの代表走者だった少女時代の元メンバーが小説を出したということにも関心が集まったが、この本がジェシカはもちろん少女時代とSMエンターテインメントを扱っているという推測も出てきて注目を浴びている。主人公が韓国系米国人という点、7年間練習生をしたという点、DBエンターテインメントが韓国屈指の芸能企画会社という点などの設定のためだ。実際、ジェシカは米誌TIME(タイム)とのインタビューで「私の人生からインスピレーションを受けたので、レイチェル・キムは私を反映したもの」としながら「(小説の中の設定は)すべて経験に基づいたもの」と話した。

少女時代ファン間では諸説が乱舞している。すでに米国で出版された本を見ると、レイチェルは夢が多くて純粋な「キャンディ」のように描写されている反面、他の同僚メンバーは彼女を猜疑嫉妬するキャラクターとして描かれた。DB側の否定的な面も少なくなく描写されていて、事実上、少女時代とSMを「狙撃した」というのが一部のファンの主張だ。ジェシカが2014年に少女時代から事実上追い出されて「悪縁」として関係を終えた点もこのような推測をもっともらしくしている。

一部のファンは掲示板サイト「DCインサイド」のギャラリーなどに「他のメンバーを考慮していない無責任な行動」「自身のマーケティングのための『過去の切り売り』」と批判している。反面、ジェシカファンの間では「興味深い小説にすぎない」とか「過去を隠さなければならないのか」など反論も出ている。論争が大きくなり、出版社側は当初「自伝的小説」と掲げた広報の文面から「自伝的」を取った状態だ。SM側は「同社と関係のない人物なのでノーコメント」とだけ明らかにした。

この他にもガールズグループ出身の芸能人が元所属事務所やグループに対する「暴露」あるいは「狙撃」で論争を呼ぶことが、最近は深刻なほど頻繁に起きている。8日、MBNの新バラエティ番組『ミスペク』にはStellar(ステラ)の元メンバーのガヨンが出演して過去のR19コンセプトに伴う強制露出でトラウマがあると明らかにした。ガヨンは『Vibrato』のミュージックビデオ(MV)撮影当日に突然変更された際どい衣装に対して強く拒否意思を明らかにした。しかし「一回だけ撮ってみて変えるから」という(所属事務所側の)言葉で撮影し、結局その写真が公開された」と主張して波紋が大きくなった。 元韓国ガールズグループのメンバーの相次ぐ所属事務所批判…なぜか(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP