주요 기사 바로가기

グリーンピース「日本政府、福島放射性汚染水の危険を縮小」

ⓒ 中央日報日本語版2020.10.23 10:47
0
国際環境団体グリーンピース・ソウル事務所は23日まとめた「2020福島放射性汚染水危機の現実」報告書で「日本政府が放射性汚染水の危険を縮小しようと三重水素だけを強調している」として他の放射性核種の危険を公表していないと批判した。

グリーンピースは「三重水素でなくとも汚染水に入っている炭素14、ストロンチウム90、セシウム、プルトニウム、ヨウ素のような放射性核種がさらに危険だ」と主張した。この核種は海に数万年間蓄積されて食べ物から人体細胞組織にまで被害を与える可能性があることが分かった。

団体によると、炭素14は生物に簡単に蓄積される放射性物質で、半減期が5千370年にもなって三重水素とともに多核種除去設備(ALPS)でも浄化が不可能だ。吸入時、肺を通じて体内組織に流入し、細胞組織と反応して遺伝的突然変異を起こす可能性がある。

 
グリーンピースドイツ事務所のショーン・バニー首席原子力専門家は「東京電力と日本政府は炭素14が汚染水に含まれている事実を韓国・中国など近隣諸国にきちんと説明しなかった」とし「この核種が海に放流されれば、水中の他の放射性核種とともに生物の遺伝的損傷を起こす恐れがある」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP