주요 기사 바로가기

Red Velvetのアイリーン「愚かな態度と浅はかな言動で傷つけた」…パワハラを認める

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.23 07:43
0
グループRed Velvetのアイリーンがスタッフなど業界関係者たちにパワーハラスメントを繰り返したという疑惑を認めて謝罪した。

アイリーンは22日、インスタグラムを通じて「私の愚かな態度と浅はかな言動でスタイリストの方を傷つけた点、心より申し訳ない」と明らかにした。

アイリーンは「私がここに来るまでともに努力してくださった多くの方々からの支援があったにもかかわらず、未熟な行動で大きな傷をつけた点を後悔して反省している」として「今回のことを通じて振り返ってみると、私の未熟な言動が恥ずかしかった。スタッフの方々の大切さをもう一度感じるようになった」と書き込んだ。

また「今後ともこのようなことがないようにさらに慎重に考えて行動する」として「未熟な私を応援して下さるファンのみなさんと今回のことでご迷惑をおかけしたすべての方々に心よりお詫びを申し上げる」と謝罪した。

同日、所属事務所SMエンターテインメントも「今回のことに責任を痛感する」として頭を下げた。

所属事務所は「アイリーンは今日午後、該当スタイリストに直接会って未熟な態度と感情的な言動で深く傷つけた点に心より謝罪した」として「未熟な姿で多くの方々にご迷惑をおかけして申し訳ない気持ち」と話した。

また「当社および所属アーティストらと協業するすべての関係者およびスタッフの方々の労苦を忘れずに、今後ともに作業するすべての方々にこのようなことが再発しないように努力する」とした。

前日、自身を15年目のエディターだと紹介したAさんはインスタグラムに「見慣れない部屋で地獄のような20分だった」として「椅子に座って立っている私の面前に向かって携帯電話を手にして指差ししながら暴言を吐いた」という内容の暴露文を掲示した。

Aさんは「私にだったのか、あの部屋にいた皆にだったのか分からないほど興奮状態だった」として「とにかく今日の対象は私だった」と書き込んだ。

また「なぜこのような屈辱にあっているのか。彼女の行動はあとで考えても理解できないものだった」として「私は人と人との間でちゃんと話をして謝罪を受けたかったが、ただ姿を消した」と主張した。

Aさんは「ひょっとして何が起こるか分からないと思って録音をした」として「彼女に向かって行動を取りたい。今後私にできる限りのすべてのエネルギーを動員したい」と書き込んだ。

該当内容が掲示された後、パワハラの当事者がアイリーンという主張が提起され、他の業界関係者たちの暴露が相次ぐことで論議が広がった。これを受け、アイリーンと所属事務所は一日で立場を出して「責任を痛感する」として謝罪した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    Red Velvetのアイリーン「愚かな態度と浅はかな言動で傷つけた」…パワハラを認める

    2020.10.23 07:43
    뉴스 메뉴 보기
    Red Velvetのアイリーン[写真 韓国ニッカンスポーツ]
    TOP