주요 기사 바로가기

韓国与党代表、福島の汚染水処理情報公開を要求…富田大使「受け入れる」

ⓒ 中央日報日本語版2020.10.22 15:21
0
李洛淵(イ・ナギョン)共に民主党代表が22日、富田浩司駐韓日本大使に会い、放射能汚染水放流関連情報の開示を求めた。

李代表はこの日、国会で富田大使の表敬訪問を受けた後、記者団に会い、「福島原発の汚染水処理についてすべての情報を透明に公開しなければならず、国際社会の同意を得ながら進めるべきだ(と求めた)」と述べた。

これに対し富田大使は「(日本)政府の方針が決定したわけではないが、韓国が懸念していることはよく知っている。李代表の要求を受け入れる」と答えたと李代表が伝えた。富田大使は「国際原子力機関(IAEA)も(汚染水の放流が)技術的に可能で、国際慣行にも沿っているという立場を知らせてきた」とも述べた。

李代表は富田大使が日韓両国間の交流と航空路運航の再開を希望したとし、「経済的措置は強制徴用(賠償)問題から派生したものだから、それが先に別途解決されるのは難しい構造」と述べた。

先だって、李代表は公開発言で富田大使に「韓国と日本の両国の協力に対する異議はあり得ない。大使と私たちが共通の目標を持ち、共に努力することを願う」と述べた。富田大使は、「両国関係の重要性に非常に共感する。日本の菅首相の新政権発足などを契機に、両国関係の改善のために努力する」と答えた。

民主党の崔仁昊(チェ・インホ)首席報道官は、韓日首脳会談の調整の可能性に関する記者の質問に「そのような話までは出なかった。しかし、韓日関係の突破口を開くことに対する李代表の外交的役割に対する期待はあった」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党代表、福島の汚染水処理情報公開を要求…富田大使「受け入れる」

    2020.10.22 15:21
    뉴스 메뉴 보기
    韓国与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表
    TOP