주요 기사 바로가기

米国務省、中国ファーウェイ装備使用の韓国企業に「法的リスク確認せよ」

ⓒ 中央日報日本語版2020.10.21 11:30
0
米国務省関係者が中国ファーウェイの通信装備を使う韓国企業に法的リスクを確認することが会社の利益につながると話した。

米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカ(VOA)が21日に伝えたところによると、米国務省報道官室関係者は「ファーウェイ装備を使うLGユープラスを特定して韓国側に懸念を伝えたか」というVOAの質問に、「民間企業は自ら決定を下すだろう」としながらも、「すべての第5世代(5G)移動通信ネットワーク構築に信頼できない供給会社を含む可能性に対し熟慮すべきという点を引き続き促している」と明らかにした。

米国は14日にテレビ会議で開かれた韓米高官級経済協議会で「ファーウェイ排除」を改めて要請し、韓国はこれに対して「民間企業が決める事柄」という既存の立場を繰り返し明らかにしている。米国務省関係者は韓国のこうした立場に対し「ファーウェイと取引する際の信頼度や潜在的な法的リスクを確かめてみることがあらゆる会社の利益に合致する」と話したとVOAは伝えた。

米国務省関係者は「40を超える国と50以上の通信会社が現在(米国政権が推進する) クリーンネットワークに参加している。これは彼らが信じられる供給会社だけを選択したためであり、韓国もそのひとつにならなければならない」と答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国務省、中国ファーウェイ装備使用の韓国企業に「法的リスク確認せよ」

    2020.10.21 11:30
    뉴스 메뉴 보기
    ファーウェイ[中央フォト]
    TOP