주요 기사 바로가기

米大統領選両陣営の外交安保参謀が「同盟論」で激突…韓日を眺める見解の差

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.19 16:19
0
1/2
トニー・ブリンケン元米国務副長官 [米国務省]
「トランプ大統領はリーダーとしての責任を投げ出して、同盟と国際機構から撤収した。バイデン候補が米国のリーダーシップを復元するだろう」(トニー・ブリンケン元国務副長官)

「米国が数兆ドルの赤字を出しながら世界を支えるのはもう不可能だ。成功した同盟が公正に費用を負担しなければいけない」(K・T・マックファーランド元大統領副補佐官)

米大統領選挙を15日後に控え、トランプ陣営とバイデン民主党陣営の外交安保参謀が18日、CNN番組「ファリード・ザカリアGPS」に出演し、米国の同盟と国際秩序責任論をめぐり激突した。

まずブリンケン氏が、バイデン候補の外交政策の核心に関する質問に対し、「我々が認めるかどうかに関係なく、世界は自動的に形成されるのではない」とし「トランプ政権以前まで米国は国家が交流する方式の国際規範を形成し、制度に活力を吹き込む主導的な役割をしてきた」と説明した。続いて「我々はもちろんその過程で失敗もあったが、より良い暮らしをすることになった」と主張した。

ブリンケン氏は「しかしトランプ大統領は国際秩序のリーダーとして責任を投げ出した。我々の同盟とパートナー、国際機構と我々が苦労して成し遂げた合意から撤収した」と批判した。さらに「米国が国際秩序に関与せず主導的な役割をしない場合、2つのことしか残っていない」とし「ほかのある国が我々の地位を占めて自分たちの利益を追求したり、誰もそのような役割をせず空白と混沌が生じるなど、どちらも悪いことばかりだ」と説明した。

ブリンケン氏は「バイデン候補は我々が米国の関与とリーダーシップを再び明言することからスタートする」とし「我々は浮上する強大国と新しい主体と情報・技術分野の覇権を追求する国々に対抗する外交を主導し、国際舞台に再び立つだろう」と述べた。「米国は集団行動を通じて他の人々を前向きな方向に導く誰よりも大きい力を持っている」と語った。

トランプ大統領の「過度に親中」という批判に対抗してバイデン候補も中国に似た強硬発言をしているという指摘に対し、ブリンケン氏は「バイデン候補の対中国政策はトランプ大統領と大きな差がある」と主張した。

ブリンケン氏は「中国は我々が経済・技術・軍事・外交的に直面した最大の挑戦」としながらも「中国との関係は敵対的、競争的な側面だけでなく協力的な側面も持っている」と述べた。また「結局、問題はどのように米国が力の優位で両国関係を導いていくかだが、トランプ大統領のリーダーシップの結果、今はどのような指標でも中国の戦略的な位置はさらに強くなり、我々は弱くなった」と話した。米国と自由民主主義同盟が共に中国に対抗していくという考えも明らかにした。

一方、K・T・マックファーランド元大統領副補佐官(国家安全保障担当)は「今はもう成功した同盟が公正に費用を支払うべき時」とし、正反対の方向で反論した。

マックファーランド氏はまず「トランプ大統領と彼のために仕事をする人たちは、世界を全く違う目で眺めている」とし「米国優先主義の概念は第2次世界大戦前後の時代とポスト冷戦時代にいたるまで、米国が優れた軍事力と経済力で世界秩序を支えてきたが、毎年数兆ドルの財政赤字を出していればこれ以上は実現可能でないということ」と説明した。

続いて「同盟も私たちの支援をもう必要としない」とし「北大西洋条約機構(NATO)、日本、韓国との安保条約と貿易協定は決して永久的であることを意味するのではなく、私たちが永遠に費用を出したり補助金を出して保障することはできない」と強調した。また、トランプ政権の成果として、NATOの同盟が共同防衛に5000億ドルを追加で負担することにし、長期間の中東紛争を終息させたと提示した。

マックファーランド氏は「トランプ大統領は数十年ぶり中国に対抗した大統領」とし「バイデン候補は上院外交委員長を務めた当時、中国に対抗してより良い貿易関係を要求することができたが、そうできなかった」と非難した。続いて「トランプ大統領は第1段階の貿易合意に続き、大統領選挙と新型コロナのパンデミック後には第2段階の貿易合意を成し遂げるだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP