주요 기사 바로가기

韓国政府・与野党、「靖国奉納」菅首相を声をそろえて批判…「深刻な遺憾」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.18 08:58
0
日本の菅義偉首相が日本帝国主義の象徴である靖国神社に真榊を奉納したことに対し、韓国政府と与野党が声をそろえて批判した。

外交部は17日の報道官論評で、「韓国政府は日本の過去の侵略戦争を美化し戦争犯罪者を合祀した靖国神社に日本の政府と議会指導者が再び供え物を奉納したことに対し深刻な遺憾を表す」と明らかにした。続けて「韓国政府は、新内閣発足を契機に日本の責任ある指導者が歴史を直視し過去史に対する謙虚な省察と真の反省を行動で見せることで韓日関係の未来志向的発展要求に応じることを強く促す」と付け加えた。

この日政界も批判の声を高めた。与党「共に民主党」のチェ・インホ首席報道官は書面論評で、「靖国神社への供物奉納は北東アジアの周辺諸国に大きな傷を与える行動。深い失望と遺憾を示す」と明らかにした。彼は「菅首相が前任指導者の誤った道を踏襲するか懸念される。過去史を謙虚に省察し、周辺国と協力する新しい道を選択するよう望む」と促した。

野党「国民の力」のユン・ヒソク報道官も口頭論評で「韓日関係発展に全く役立たない行為。日本は真の北東アジア平和が何によって達成できるのか考えるよう望む」と促した。

正義党のチョ・ヘミン報道官は「過去史を謝罪するにも遅いいま無責任な生態を見せることに強い遺憾を示す。こうした動きは国際社会の信頼を失うかも知れない」と指摘した。

菅首相はこの日就任後初めて迎える靖国神社の秋の例大祭に「真榊」と呼ばれる供え物を奉納した。彼は第2次安倍政権の7年8カ月にわたり官房長官を務め、靖国神社を参拝すること、供え物を奉納することもなかった。しかし今回の供え物奉納により靖国神社問題で安倍路線を踏襲するという意志を見せたとの解釈が出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP