주요 기사 바로가기

韓国安保室長「終戦宣言に韓米間異見なし…非核化と歩調合わせる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.16 09:47
0
米国を訪問している徐薫(ソ・フン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長が15日(現地時間)「終戦宣言に対して韓米間に異なる考えはない」としながら「終戦宣言と非核化は歩調を合わせていくだろう」と話した。この日、徐室長はワシントン国務省で30分程度マイク・ポンペオ長官と会談してから特派員にこのように明らかにした。前日、ロバート・オブライエン米国家安保補佐官に会った徐室長は「堅固な韓米同盟がどれくらいよく管理されているのかを確認した」として「北朝鮮の軍事パレード以降、韓半島(朝鮮半島)情勢に対する評価も共有した」と伝えた。

先月、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は国連総会演説で終戦宣言に向けた国際的努力を呼びかけた。そのため、徐室長の今回の訪米もこれと関係があるのではないかという観測が出てきた。徐室長は「(終戦宣言に対して)特に踏み込んだ話を交わしたわけではない」とし、「常にテーブルの上にあった問題と韓米間に他の考えがあり得ない」と強調した。

その間終戦宣言が取り上げられるたびに非核化が前提になったのか、いかなる条件もなかったのかをめぐり論議を呼んできた。徐室長は「終戦宣言が非核化の過程で前後関係や非核化の結合水準の問題であるだけで(非核化と)終戦宣言がそれぞれ歩調が乱れるわけにはいかないというのは常識」と話した。

前日、両国の国防部長官が会談した韓米安保協議会議(SCM)でマーク・・エスパー長官は「米国納税者が不公平にさらに支払うわけにはいかない」として防衛費分担金問題に圧力をかけた。徐室長はこれに関しても今度は踏み込んだ話を交わしたわけではないとして「早期に合理的に相互受け入れ可能なレベルで妥結することが望ましい」と述べた。

SCMと日程が重なったことに対しては「あいにく重なった」と説明した。2~3週前にすでに確定した日程ということだ。今回の訪米は公開されなかったが、米国務省がホームページに日程を掲載することで知らされた。徐室長は「誤解を招きかねない部分」とし「本日の行事まで終えて訪問事実と内容に関してメディアに公開する計画だった」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国安保室長「終戦宣言に韓米間異見なし…非核化と歩調合わせる」

    2020.10.16 09:47
    뉴스 메뉴 보기
    15日(現地時間)、米ワシントン国務省でマイク・ポンペオ長官と会談してきた徐薫青瓦台国家安保室長が特派員の質問に答えている。[写真 ワシントン特派員団]
    TOP