주요 기사 바로가기

韓国、新型コロナの再拡大に赤信号…首都圏高齢者・精神病院従事者16万人調査

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.15 10:12
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)感染者が続出した釜山北区万徳洞(プサン・ブック・マンドクトン)のある療養病院で職員と患者53人が感染した。この中で1人は亡くなってから陽性判定を受けた。万徳洞は9月初めから10月12日まで焼肉屋・銭湯などで23人の感染者が集団発生し、全国洞単位では初めて集合制限命令が下された所だ。

釜山市保健当局は万徳洞(マンドクトン)ヘトゥラク療養病院で13日1人、14日52人など計53人が新型肺炎に感染したと14日、明らかにした。感染者は職員11人、患者42人で、年齢別では80代29人、70代10人、60代9人、50代4人、40代1人だ。179病床規模のこの療養病院には職員99人が勤めて患者165人が入院している。保健当局はこの日、ヘトゥラク療養病院を同一集団(コホート)隔離措置した。

入院した老母が感染した娘のチェさん(62)は「3月新型コロナ以降面会が禁止された。そうするうちに7月ごろ非対面面会を許容してガラスの窓を間に置いて母を見たのが最後だった」として「その後、病院でビデオ通話をつなげてくれれば電話を一回ずつしただけでけ直接会って話したのは久しい」と話した。

この療養病院では9月以来8人の感染者が亡くなり、この中で7人は呼吸困難と肺炎症状があったことが分かった。保健当局は死亡原因が単なる肺炎なのか、新型肺炎による肺炎症状なのかなどを確認していると明らかにした。

調査結果、この療養病院の患者半分程度が認知症を病んでいてマスク着用が難しかったことが分かった。医療スタッフが感染者の症状を適時に認知できず職員・患者の間で集団感染が起きたとみている。しかし、保健当局は3月から療養病院で対面面会が禁止された点から推測して看護補助者など出退勤する職員から最初感染が起きた可能性を調査中だ。

13日初めて感染した患者が50代女性看護補助者だ。保健当局はこの看護補助者が「感染した死亡患者を7日担当して管理した後、症状が現れたと供述した」と説明した。

釜山市保健当局は「潜伏期間が進んでいるうえに、患者間接触にともなう交差感染の可能性があって感染者がさらに発生する可能性がある。周期的に検査する予定」とした。同時に、釜山市は万徳洞にある療養病院・療養院9カ所を含んで管内療養病院168カ所と高齢者療養施設115カ所、デイケア・ナイトケア施設201カ所に対する全数検査に入った。

中央防疫対策本部もこの日、記者会見で「感染高危険群に対する精密防疫を強化するためにソウル京畿仁川(キョンギ・インチョン)など首都圏地域の高齢者・精神病院従事者と高齢者デイケア施設の利用者16万人を対象に先制的な全数検査を行う計画」と明らかにした。全数検査は今月中旬から始めて約1週間程度かかる予定だ。

首都圏と釜山など全国の所々で集団発病が続き、14日0時基準で新規感染者は84人増えた。前日(102人)より18人減って再び2桁に減少した。だが、この日、統計には釜山ヘトゥラク療養病院感染者数が反映されず15日発表される新規感染者の規模ははるかに増加するものとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、新型コロナの再拡大に赤信号…首都圏高齢者・精神病院従事者16万人調査

    2020.10.15 10:12
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナ集団感染が発生して閉鎖された釜山のヘトゥラク療養病院。 ソン・ボングン記者
    TOP