주요 기사 바로가기

「未来に踏み出そう」 中国外交部の一言で和らいだ「BTS攻撃」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.13 16:02
0
BTS(防弾少年団)の「ヴァン・フリート賞」受賞の感想に反発する姿を見せていた中国ネットユーザーの声が中国外交部報道官のコメント表明以降、次第に和らぐ様相だ。代わりにBTSの肩を持つ中国内のBTSファンの声も小さくなく、目を引いている。

11日と12日の2日間、中国インターネットを熱くしていた中国ネットユーザーのBTS攻撃は12日午後、中国外交部の趙立堅報道官が定例記者会見で中国当局の立場と同じ考えを明らかにして以降、13日にはほぼ見られなくなっている。

趙報道官はこの日、「関連報道と今回のことに対する中国ネットユーザーの反応に注意をしている」とし「歴史を鏡として未来に踏み出し、平和を大切にして友好を促進することは、われわれが共同で追求して共同で努力する価値のあること」と述べた。

その後12日夕方、中国共産党機関紙「人民日報」のSNS公式アカウント「侠客島」が趙報道官のBTS関連発言を中国版ツイッターである微博に出して事態を沈静させる方向で雰囲気を形成している様相だ。

ある中国ネットユーザーは「外交部の発言は明らかに事態を沈静化させるもの」としたほか、別のインターネットユーザーは「双方がそれぞれ異なって理解している事案に対して過度に騒ぐ必要はない」とコメントした。

一方、中国テンセントニュース(騰訊網)は12日夕方、「BTSの受賞の感想が(中国)ネットユーザーの怒りを買ったが、国内(=中国)ファンはまだBTSを弁護している」というコメントを掲載して目を引いた。

これによると、中国内のBTSファンは現在3種類の方式でBTSの発言を擁護している。まず、BTSに不利な発言を削除して自身に有利な発言を残す方式だ。例えば、今回のBTS攻撃を主導しているのは中国の一部個人インターネットメディアだと主張している。彼らが人気を得るために愛国心を利用しているという指摘だ。

次は、一方ではBTSファンに対してむやみにコメントをしないよう求め、もう一方ではBTSの写真などをとにかく多く掲載して広める方式だ。

最後にBTSファン同士、互いに励まし合って士気を高める方式だという。このような中国内BTSファンの行動に対してテンセントニュースは「アイドルが好きで追いかけるのはよいが、自分が中国人であることを忘れるな」と指摘し、依然として愛国主義を強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP