주요 기사 바로가기

文大統領、WTO事務局長選の韓国人候補に「首脳外交で支援続ける」

ⓒ 中央日報日本語版2020.10.13 11:28
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が12日、産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が最終ラウンドに進出した世界貿易機関(WTO)事務局長選挙に関連する会議を開き、首脳間の外交を通じて積極的に支援する計画を明らかにした。

文大統領はこの日の会議で、「残りの期間、首脳外交を通じて支援を続ける」と述べたと、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の姜ミン碩(カン・ミンソク)報道官が伝えた。

この日の会議には兪本部長をはじめ、丁世均(チョン・セギュン)首相、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、成允模(ソン・ユンモ)産業部長官、具潤哲(ク・ユンチョル)国務調整室長、盧英敏(ノ・ヨンミン)秘書室長、金尚祖(キム・サンジョ)政策室長、徐薫(ソ・フン)国家安保室長、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)安保第2次長らが出席した。

兪本部長は「選挙開始時点からの文大統領の積極的な支援に感謝している」とし「10月19日から27日までが最終ラウンド期間だが、地域別に幅広く得票し、WTOのすべての加盟国の支持を受ける事務局長になれるよう、支持交渉活動を展開していく」と語った。

姜ミン碩報道官は「兪明希本部長の言葉のように、すべての加盟国の支持を受ける事務局長になるといったが、WTO選挙は票を多く得てこそ勝つのでなく、加盟国のveto(拒否権)の有無が重要になる。多得点は基本で、失点もしてはいけない」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領、WTO事務局長選の韓国人候補に「首脳外交で支援続ける」

    2020.10.13 11:28
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領(左から3人目)が12日、青瓦台で兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長(右)の世界貿易機関(WTO)事務局長選出を支援するための会議で発言している。会議には丁世均(チョン・セギュン)首相、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官など関係部処の長官、青瓦台参謀が出席した。 [青瓦台提供]
    TOP