주요 기사 바로가기

NU’EST、日本アルバム『DRIVE』の日本チャート上位入り

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.10.13 11:20
0
グループNU’EST(ニューイースト)が日本チャートの上位入りを果たした。NU’ESTが7日、正式発売した日本アルバム『DRIVE』で発売一週間で日本国内の最大レコード集計サイトであるタワーレコードで全店舗総合アルバムウィークリーチャート(2020.10.5~2020.10.11基準)の2位になった。

約5年ぶりに日本アルバムの便りを伝えて発売前から多くの人々の話題を集めたNU’ESTは今回のチャート内でK-POPグループではトップを獲得、独歩的な人気をもう一度誇示して注目を集めた。

NU’ESTはビルボード・ジャパンでも頭角を現わして上位入りを果たした。ビルボード・ジャパンのトップアルバムセールス(2020.10.5~2020.10.11基準)では5位になり、現地の熱い反応を代弁するようにTOP5内唯一の韓国歌手としての地位を表わし、タワーレコードからビルボード・ジャパンまで上位を席巻する快挙を果たした。

NU’ESTのアルバム『DRIVE』は同名の日本オリジナル曲を含んで計14曲が含まれている。デビュー7周年を迎えて公開されたスペシャルデジタルシングル『A Song For You』の日本語バージョンから『Call me back』『LOVE ME』『I’m in Trouble』『Back To Me』などさらに成熟したボイスと感性の中の彼らの幅広い音楽的スペクトラムを感じることができる。

今回の日本オリジナル曲『DRIVE(Japanese ver.)』はタイトル通りにドライブをテーマにした曲で、品のある成熟した雰囲気と高速道路を走るような疾走感が調和を作ったミディアムテンポの曲だ。これを受け、ヒット曲メーカーでありプロデューサーであるBumzuとベクホが作詞と作曲に参加して格別な存在感を発揮したのはもちろん、JRも作詞に参加して曲の完成度を高めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    NU’EST、日本アルバム『DRIVE』の日本チャート上位入り

    2020.10.13 11:20
    뉴스 메뉴 보기
    NU’EST[写真 Pledisエンターテインメント]
    TOP