주요 기사 바로가기

韓国兵務庁「公正性の問題」BTS兵役特例に反対を表明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.09 09:20
0
ワールドスター防弾少年団(BTS)のための兵役特例が必要だという与党圏内の主張について主務部署の兵務庁が「公正と衡平にそぐわない」とし、反対の立場を明らかにした。

国会国防委員会所属の尹柱卿(ユン・ジュギョン)国民の力議員は8日、兵務庁から「大衆文化芸術分野兵役代替服務制度改善関連」資料の提出を受けた。

尹議員は「BTSに兵役の特例を出そうという盧雄来(ノ・ウンネ)共に民主党議員の主張に対する立場はどうか」と質問書を送った。兵務庁はこの日、書面回答で2019年11月21日の国政懸案点検調整会議の内容を言及しながら、「大衆文化芸術分野の芸術要員編入は、全体的な代替服務削減基調、兵役義務履行の公正性・衡平性を向上させようとする政府の基本的立場にそぐわないため検討から除外することを決定した。その決定は、今も変わらない」と答えた。兵務庁が「BTS兵役特例」問題に立場を表明したのは今回が初めてで、反対の立場を示した。

民主党の一部では国家位相への貢献において大衆芸術と純粋芸術は同じなのにBTSなどの大衆芸術だけ兵役特例から除外するのは不合理で、最近の時流にも合わない(盧雄来議員など)と主張してきた。これに対して兵務庁は「大衆文化のアーティストに芸術・体育要員のように服務する特例付与について、現在推進中の事項はない」と述べた。

前に、朴良雨(パク・ヤンウ)文化体育観光部長官は7日、国会文化体育観光委員会の国政監査でBTSの兵役特例に関する質問に「前向きに検討する必要がある」と答えた。これを契機に尹議員は「文化体育観光部とこの件に関する何らかの議論をしているのか」と質問し、兵務庁は「していない」と答えたのだ。

田溶冀(チョン・ヨンギ)民主党議員は先月、文化体育観光部長官が国家の位相と品格を高めたと認めて推薦した大衆文化芸術分野の優秀者も徴集、招集延期が可能にする内容に、兵役法改正案を代表発議した。この改正案について兵務庁は、「国民の共感をもとに関係部署と共に問題を検討する」と立場を明らかにした。兵役免除や特例ではないが、入隊延期については議論の可能性を開いたものとみられる。

最近BTSが韓国歌手としては初めてビルボードのメインシングルチャート1位を記録し、兵役の特例を与えようという声が高まった。BTSのメンバーの中では最年長ジンが1992年生まれで入隊時期が最も近い。

現行の兵役法によると、オリンピック3位以上の入賞者、アジア競技大会1位入賞者、国際芸術コンクール2位以上の入賞者、国内の芸術コンクール1位入賞者などが芸術・体育要員(補充役)に編入される。該当者は4週間の基礎軍事訓練を修了すれば服務期間に自身の得意分野で活動を続けることができ、特技を活かして544時間の奉仕活動をすればよい。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国兵務庁「公正性の問題」BTS兵役特例に反対を表明

    2020.10.09 09:20
    뉴스 메뉴 보기
    防弾少年団(BTS)がK-POPと世界音楽史に記録を残した。BTSは先月31日(現地時間)、初の英語のシングル『Dynamite』でビルボード・シングルチャート「ホット100」1位を獲得した。アジアの歌手としては1963年に日本の坂本九の『SUKIYAKI(上を向いて歩こう)』以来57年ぶりだ。外信は「パラダイムの転換」と絶賛した。左からRM(アールエム)、ジン、V(ヴィ)、SUGA(シュガ)、ジミン、ジョングク、J-HOPE(ジェイホープ)。[写真 BigHitエンターテインメント]
    TOP