주요 기사 바로가기

WTO事務局長選、韓国とナイジェリアの女性対決に…米中はどちらを推すか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.08 16:35
0
世界貿易機関(WTO)事務局長選挙の最終ラウンドが、韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長とナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ元財務相の対決になったとブルームバーグが8日に報道した

ブルームバーグは事情に詳しい消息筋の話として、「2人の女性候補が最終ラウンドに上がり、WTOは初めての女性事務局長を輩出することになる」と伝えた。WTO事務局長の任期は4年だ。

WTO事務局長選挙は8人の候補で始まり、第1~第3ラウンドを経て当選者を選出する方式を採択している。最終ラウンドが女性対決になったこともまれなことだが、韓国としては4度目の挑戦の末に当選を望めることになったという意味がある。外信は11月7日までに当選者の輪郭が表れるだろうと観測している。

外交部は兪本部長の最終ラウンド進出に鼓舞された雰囲気だ。だが当選までは依然として容易ではない戦いが残っているとの話も出ている。

何より「国際力学」が変数だ。今回のWTO事務局長選挙はWTOに多額の拠出をする米国と中国、欧州連合(EU)、日本などの水面下の代理戦でもある。米国とEUは貿易紛争中で、米国と中国は貿易対立から始まり体制競争まで戦線を拡大する様相だ。

各国は兪本部長とオコンジョイウェアラ元財務相のどちらが自国に有利な候補かを綿密に検討し支持するものとみられる。こうなると今年初めの世界保健機関(WHO)事務局長の「親中攻防」で火が付いた米中の勢力争いがWTOに広がりかねない。

オコンジョイウェアラ元財務相はナイジェリアで財務相を2回、外相を1回経験し、世界銀行でも25年間勤務するなど英米圏で認知度が高い。同時に中国の影響力が大きいアフリカの候補で、中国としても悪くない選択肢という分析もある。

兪本部長はWTOが扱う通商・交渉部門一筋に歩んできた現職閣僚級という強みを持っている。ただ韓国が日本とWTOで輸出規制をめぐり紛争を行っている状況は弱点に挙げられる。日本が紛争当事者という点を印象付けて兪本部長の当選を積極的に阻止しかねないためだ。

兪本部長が最終ラウンドに上がることになれば韓国は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が首脳外交水準で支援に出ると予想される。これまでは外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官が外交部次元でジュネーブでの選挙運動を支援し、世界の外相らに支持を要請してきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP