주요 기사 바로가기

SuperM、WHOオンラインキャンペーンに参加…K-POPアーティストで唯一

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.10.08 13:48
0
ボーイズグループSuperM(スーパーエム)が世界市民のメンタルヘルスのために、世界保健機関(WHO)のイベントに参加する。

SuperMは10日、「世界メンタルヘルスデー」を迎え、WHOが主催するオンライン・イベント「The Big Event for Mental Health」にK-POPアーティストとしては唯一参加する。

このイベントはメンタルヘルスの重要性と管理方法について広く知らせ、すべての人にメンタルヘルスのプログラムが提供されるよう促進するために企画されたもので、ベルギーのマティルド王妃、コスタリカのエプシ・キャンベル・バー第1副大統領、英国リバプールFCのゴールキーパー・アリソン・ベッカー選手、ナイジェリアのシンガーソングライター・コレデ・ベロなど、世界の指導者や国際的著名人が出演する。

SuperMは、1枚目の正規アルバム収録曲から暖かいボーカルが際立つ『Better Days』を披露し、世界中の視聴者に応援と癒しのパフォーマンスを披露する予定だ。

今回のイベントは、10日午後11時(10AM EST)からWHOのウェブサイトや、ユーチューブ、ツイッター、フェイスブック、LinkedIn、TikTok、TwitchのWHOアカウントで放送され、世界中の人々の熱い関心が寄せられることが予測される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    SuperM、WHOオンラインキャンペーンに参加…K-POPアーティストで唯一

    2020.10.08 13:48
    뉴스 메뉴 보기
    SuperM[写真 SMエンターテインメント]
    TOP