주요 기사 바로가기

【社説】北朝鮮外交官チョ・ソンギル氏の亡命、最低限の事実公開が望ましい=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.08 12:00
0
およそ2年間行方不明になっていたチョ・ソンギル前駐イタリア北朝鮮大使代理が昨年7月韓国に入国して静かに過ごしてきたことが明らかになった。独裁の鎖から脱出した北朝鮮住民が、しかも豊富な対北朝鮮情報を備えた北朝鮮の高位外交官が安全に脱出して定着したというのは幸いなことだ。

チョ氏は父親と妻の父両方とも北朝鮮内最高位級要人でイタリアでぜいたく品の調達などを引き受けてきたという。さらに、彼の韓国行きは金正恩(キム・ジョンウン)政権発足以降初めての大使級人事の亡命だ。あらゆる恩恵を享受してきた特権層まで脱出したという事実は金正恩体制の下の暮らしがどれほど惨めなのかを改めて見せる。そのため、チョ氏の決行が北朝鮮住民たちの間に知らされれば金正恩体制に対する懐疑が広がるしかない。特に、来年初めに予定されている第8回労働党大会を控えて金正恩政権が「80日戦闘」を始めるなど内部の結束を固める状況でその打撃が大きくなる公算もある。

一つ残念なのはチョ氏の娘がイタリアから北朝鮮に連れ去られたということだ。彼が直接的に金正恩体制を非難する場合、娘がどのような目に遭うか分からない。亡命の便りが広がれば彼を狙う北朝鮮のテロの可能性も排除し難い。チョ氏が公開的な対外活動を控えて対北朝鮮関連研究所で静かに働いているという点も十分に納得できる。

このような懸念に対して与野党とも共感する姿勢を見せている。北朝鮮大使館公使出身である国民の力の太永浩(テ・ヨンホ)議員が出て「北朝鮮に残した彼の娘が不利になるかもしれない」として報道自粛を求めたという。共に民主党が党最高委員会議を開いても今回の亡命について何も言及しなかったのもチョ氏を配慮した処置だっただろう。

それでもチョ氏の娘を危険に落とさない範囲内で彼のイタリア内での工作活動および亡命経緯など最低限の事実を公開するのが望ましい。亡命事実が徹底的に秘密にされたとすれば分からないが、彼の亡命に関連した重要な骨子はすでに知らされた。彼が2018年11月勤務地であるローマで姿を消した後、第3国公館を通じて亡命を試み、昨年7月までは韓国でない海外で滞留していたという事実は全部報じられている。こうした中で、亡命事実そのものを隠しても南北関係にこれといった影響を与えないということだ。

対北朝鮮制裁にもかかわらず、金正恩政権がいかに多くのぜいたく品を買い入れてきたのか、どのような不法な行為を犯したのかなどを把握して適切な範囲で知らせたほうが良い。あえてチョ氏の口を借りたり彼の名前を名指したりしなくてもいくらでも方法がある。政府は常識的で予測可能な事実すら隠すことで不必要な誤解を招いてはならない。一歩間違えて対応すれば、北朝鮮の顔色をうかがうのに汲々としているという批判を自ら招きかねない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP