주요 기사 바로가기

【社説】父親を失った息子の「涙の手紙」に大統領は行動で応えるべき

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.10.07 14:40
0
西海(ソヘ、黄海)で公務中に行方不明になった後、北朝鮮軍によって残酷に殺された韓国公務員イさん(47)の高2の息子Aさんが文在寅(ムン・ジェイン)大統領宛に涙の直筆手紙を送った。この手紙で、Aさんは幼い妹(8)と母と毎日苦痛の中で生きているとしながら家族の心情を吐露した。Aさんは「いま私たちが受けているこの苦痛の主人公が大統領様の子や孫でも今のようにできますか。国は父の生命を助けるためにどんな努力をしたのか聞きたいです」と綴った。

北朝鮮軍の銃によって殺害されて燃やされた大韓民国公務員の家族でなくても、悲しみを慰労して北朝鮮の蛮行に公憤を感じるのが人の常というものだ。それでも一部のネットユーザーは「越北者をなぜ救わなければならないのか」「越北者の家族は隠れて生きなければならない」など傷口に塩を塗り込むようなコメントをつけた。これは明らかな2次加害だ。

与党「共に民主党」と国防部・統一部・海洋水産部・海洋警察はそろってイさんの行動を越北行為だとして事件を早期に縮小しようとする雰囲気だ。国防部と海洋警察は連日遺体の捜索をしているといいながら北方限界線(NLL)のはるか南側を旋回する様子を見せるだけの「捜索ショー」だという批判を受けている。

遺族は手紙とは別に国連国連北朝鮮人権状況特別報告者宛に6日、北朝鮮の蛮行を調査してほしいという要請書も送った。イさんの兄は「北朝鮮によって犠牲になった米国人青年オットー・ワームビアさんの両親とも協調して北朝鮮の蛮行を世界に知らせる」と話した。遺族は銃殺前後の傍受録音ファイルの情報公開も国防部に要請した。大統領と政府が事態解決に積極的に出るどころか、事実上傍観している間、公務員殺害事件は南北懸案を越えて国際人権事件に飛び火している。一歩間違えれば人権後進国に映るのではないか憂慮される。

9月27日安保関係長官会議で北朝鮮に共同調査を要請した後、北朝鮮の反応だけを伺ってきた大統領は、Aさんの手紙関連の報道が出ると「父親を失った息子の気持ちは分かる。私も心が痛い」と述べた。だが「海洋警察の調査および結果を待ってみよう」という大統領の言葉は「希望拷問」になりかねない。北朝鮮のやり方は分かりきっているところに、この程度の言葉ではあまりにも足りなさすぎる。真相究明など事件解決の鍵は結局文大統領が握っている。国民の生命と安全を守るという確固たる意志を明らかにして行動で示してくれなければならない。

殺害されたイさんの息子は「なぜ父を守ることができなかったのか聞きたい」と手紙の中で書いた。文大統領は8・15祝辞で「国が、国民に対して担うべき役割を果たしたのか 、今は果たしているのか、われわれは問い続けなければなりません。これからの大韓民国は、ただの一人の国民も見捨てたりしません」と約束した。父親を失った息子の絶叫に責任を持って行動で応えるとき、大統領の約束は信頼を得るだろう。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP