주요 기사 바로가기

米国が中国の首を絞める核心技術…半導体のほかさらに25種類あった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.29 12:03
0
「チャーボーズー」

中国語で「両手で首を締める」という意味だ。最近中国メディアでこの単語がしばしば出てくる。中国指導部が言及してだ。これまでとは意味が少し異なる。

米中技術戦争が契機になった。中国の韓正副首相は14~15日に武漢半導体生産団地を視察し、「企業は『首を締める』技術を開発しなければならない」と話した。

首を締める主体は米国だ。したがってチャーボーズーは米国が中国の産業を圧迫できる核心技術をいう。15日に米国のファーウェイ半導体制裁が始まり中国政府ではチャーボーズーを確保しなければならないという声を高めている。

中国科学院の白春礼院長が代表的だ。彼は16日の記者会見で「米国の技術抑圧に対応するため今後10年間にチャーボーズーリストを青写真として研究開発プロジェクトリストを作る」と話した。

中国が考えるチャーボーズーとは何か。中国科技日報が最近リストを整理して報道した。中国の首を締められる25種類の技術を簡略に紹介する。半導体は氷山の一角だ。

1.リソグラフィー

半導体工程のひとつ。シリコンウエハーの上に回路パターンを刻む技術だ。ほとんどを輸入に依存する。

2.半導体生産技術

中国のファウンドリー(半導体委託生産)技術は非常に遅れている。中国の業界の微細回路工程水準は平均28ナノメートル(1ナノメートルは100万分の1ミリメートル)水準だ。SMIC程度だけが14ナノメートルが可能だ。世界最高である台湾TSMCとサムスン電子は7ナノメートル技術を持っている。

3.PCとスマートフォンOS

マイクロソフトとアップル、グーグルの独壇場.ファーウェイが独自のOSを作ったがまだ力不足だ。

4.工学ソフトウエア

最近の米国の制裁によりデータ分析ソフトウエアの「Mathlab」を中国の大学と研究所が使えずにいる。工学分野で必須のプログラムだ。航空設計ソフトウエアも米国と欧州が独占している。

5.データベース管理システム

オラクル、IBM、マイクロソフトなどが掌握した。中国のシステムは安全性と互換性などで信頼を得られていない。

6.ロボットアルゴリズム

中国は世界最大のロボット生産国だ。高級ロボットは依然として輸入に依存する。核心アルゴリズム技術がない。日本のファナック、スイスのABBがリードしている。

7.航空機エンジン

中国は軍用航空機の独自エンジンCJ-1000を開発した。民間航空機にも適用しているがまだまだだ。

8.触覚センサー

産業用ロボットの核心技術。中国には100社のセンサー企業があるが、光学と音響センサー分野に特化している。触覚センサーは日本が独占している。

9.真空蒸着機

中国には蒸発器を生産する企業がない。やはり日本が高級市場を独占している。

10.携帯電話無線周波数装置

ファーウェイがスマートフォン無線周波数半導体技術の独自開発に成功はした。だが高級製品市場は依然として米国企業が独占している。

11.中型ガスタービン

船舶用中型ガスタービンは米ゼネラルエレクトリック、日本の三菱、ドイツのシーメンスが業界を掌握している。中国が独自開発したF級50メガワット中型ガスタービンが2019年から組み立てに入った。2021年に中国船舶に搭載される予定だが、高い原価と不安定な技術により競争力は不足する。

12.高圧プランジャーポンプ

プランジャーはタービンエンジンなどに燃料を供給する役割をする。中国の市場規模は2017年に世界で2番目に大きい規模だ。だが定格圧力35MPa以上の高圧プランジャーポンプは90%以上を輸入している。

13.高圧コモンレールシステム

ディーゼルエンジンに使われるシステム。高圧分野でドイツと米国、日本が支配している。

14.顕微鏡

透過電子顕微鏡と走査電子顕微鏡は科学と先端技術研究に使われる基本装備だ。透過電子顕微鏡生産は日本電子と日立、米FEIの3社だけがしている。中国製走査電子顕微鏡は中国市場でのシェアが10%に満たない。

15.高級コンデンサと抵抗器

中国は世界最大の電子部品生産国だが、精密装置分野は技術力が低い。

16.酸化インジウムスズ(ITO)材料

LEDチップと光学コーティングなどに使われる。低価格製品だけ中国製が掌握している。高価市場は米国と日本が占める。材料の純度などで中国が押されている。

17.高級ミーリングカッターとベアリング

高級ミーリングカッターは依然として輸入中だ。ベアリングは米ティムケンとスウェーデンのSKFが独占する。

18.マイクロスフェア(マイクロカプセル)

2017年の中国の液晶パネル出荷量は世界の33%で世界1位だ。日本企業だけがマイクロスフェアと導電性金具の核心材料を提供できる。

19.水中コネクター

潜水艦に使われる水中コネクターの輸入が禁止されれば中国の潜水艦観測網は運営が中断されかねない。中天科技という企業が2000メートル水中プラグ型電気コネクターを開発中だが商用化は依然として遠い道のりだ。

20.燃料電池

水素自動車の核心素材。核心素材と部品は依然として輸入に依存する。

21.高級溶接電源供給装置

中国は世界最大の溶接電源供給装置製造国だ。だがこの機器の電源供給装置は依然として輸入している。

22.医療映像装備部品

技術開発が特に遅れた分野だ。中国の医療映像装備核心部品は輸入に依存する。

23.超精密研磨工程

やはり米国と日本企業が独占している。最高級機器は高級熟練労働者が必要で追いつくのは容易でない。

24.高級エポキシ樹脂

中国で生産される高級炭素繊維部品は輸入した高級エポキシ樹脂で作る。

25.iCLIP技術

単一ヌクレオチド分解に使われる技術だ。薬品開発に使われる重要技術のひとつだ。

項目を見れば大多数の技術が米国と日本、ドイツの独壇場ということがわかる。これらの技術は韓国もほとんどが持っていない。韓国もまた状況によって首が締められかねないという意味だ。緻密な戦略を立てなければならない理由がここにある。昨年の日本の半導体技術輸出制限のような不意の一撃をまた食らわないためにだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP