주요 기사 바로가기

防弾少年団所属事務所の株式公募予測競争率、1117倍

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.28 16:38
0
人気グループ防弾少年団(BTS)の所属事務所で、今年の企業公開(IPO)市場で大きな注目を集めているビッグヒットエンターテインメントが機関投資家の需要予測で競争率1100倍を超えた。公募価格は仮条件レンジ上限の13万5000ウォン(約1万2125円)で確定した。

ビッグヒットは24~25日に実施した需要予測の結果、競争率が1117.25倍を記録したと28日に公示した。

競争率1117.25倍は今年のIPOでSKバイオファームが記録した835.56倍を超える記録だ。

ただ、これに先立ち上場興行追求に成功したカカオゲームズが記録した機関投資家需要予測競争率1479倍には達しなかった。

これまでビッグヒットが1999年の公募株配分に対する需要予測制度導入後に最も高かったカカオゲームズの需要予測競争率を超えられるかに関心が集まっていた。

ビッグヒットの公募価格は仮条件レンジ上限である13万5000ウォンに決まった。これに伴う総公募金額は9625億5000万ウォン、公募価格基準時価総額は約4兆8000億ウォンだ。

一般投資家を対象とした請約は来月5~6日に受け付ける。請約は共同代表主幹事のNH投資証券と韓国投資証券、共同主幹事の未来アセット大宇と引受会社のキウム証券を通じてする。

ビッグヒットは10月中に有価証券市場に上場する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    防弾少年団所属事務所の株式公募予測競争率、1117倍

    2020.09.28 16:38
    뉴스 메뉴 보기
    グループ防弾少年団(BTS)。[写真 ビッグヒットエンターテインメント]
    TOP