주요 기사 바로가기

LG有機ELテレビ、中国で約9400台リコールへ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.28 14:08
0
韓国家電大手のLGエレクトロニクス(以下、LG)が韓国内に続き中国でもテレビ部品をリコールすることに決めた。有機発光ダイオード(OLED)テレビに使われているパワーボード(配電盤)問題で7月から韓国内で実施した自発的無償交換(リコール)の時と同じ流れだ。LGはパワーボードをテレビパネルの後方につけている。

LGは最近、中国政府にOLED(有機EL)テレビのモデル13種に対する自発的リコール計画を提出したと28日、明らかにした。リコール規模は中国で2016年5月から昨年9月まで販売したOLEDテレビ9434台だ。LGは中国法人ホームページを通じても該当の計画を公示した。

LGによると、OLEDテレビの一部モデルに使われているパワーボードで部品内の電流調節機能がまともに作動しなかった。パワーボード内の電流が増加すると過熱問題が発生したりテレビパネルが部分的に黒くなったりする場合がある。これに先立ち、LGは一部の製品でテレビの電源が突然落ちる現象を逆追跡する過程で特定期間に供給されたパワーボード内の部品に問題があることを確認した。

今年7月LGは韓国内でも同じ問題でOLEDテレビのモデル18種(約6万台)に対するリコールに入った。内需市場でリコールを始めた後、LGはOLEDテレビを販売している国に個別にリコールを開始した事実を知らせたという。中国市場規制局は「リコールするのはどうか」という勧告を下し、LGはこれを承諾した。

IT業界によると、中国規制当局は自国のテレビメーカーに比べて外国製テレビメーカーに厳しい基準を掲げている。市場調査会社「オームディア」によると、今年上半期(1~6月)の中国テレビ市場で、サムスン(4.8%)とLG(1.2%)双方ともシェアが5%未満だ。テレビシェア1~3位(売上額基準)は中国メーカーであるハイセンス・スカイワース・TCLが占めた。

LGは「国内で一部のテレビを対象に進めている自発的部品交換サービスを海外でも行うことにした。北米・日本などを除く220V電圧使用国家で各国規制機関と協議してサービスを進める予定」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    LG有機ELテレビ、中国で約9400台リコールへ

    2020.09.28 14:08
    뉴스 메뉴 보기
    LGエレクトロニクスの有機ELテレビが展示されているブースの様子。[写真 LGエレクトロニクス]
    TOP