주요 기사 바로가기

韓国大統領主宰の会議で「北朝鮮の迅速な謝罪を肯定的に評価」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.28 07:08
0
西海(ソヘ)上公務員襲撃死亡事件を受け、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主宰した緊急安保関係長官会議で「北朝鮮側の迅速な謝罪と再発防止の約束を肯定的に評価する」という立場を27日、出した。この日の会議は今回の事件が発生して以降、文大統領が初めて主宰した公式会議だ。

ソ・ジュソク国家安保室第1次長はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)記者会見で決定事項を明らかにした。その一つ目が「肯定的評価」だった。ソ次長は「南と北が把握した事件の経緯と事実関係に違いがあるので早急な真相究明に向けた共同調査を求める」と明らかにした。また「このため、疎通と情報交換のために軍事通信線の復旧と再稼働を求める」とした。

また「遺体と遺留品の収拾に最優先の努力を注ぎ、南と北はそれぞれの海域で捜索に全力を尽くして必要な情報を交換することにで協力していくように願う」と話した。西海北方限界線(NLL)付近海域の中国漁船にも協力を求めることにした。この日の会議は青瓦台で午後3時から1時間30分間開かれ、徐旭(ソ・ウク)国防部長官と朴智元(パク・ジウォン)国家情報院長、盧英敏(ノ・ヨンミン)大統領秘書室長、徐薫(ソ・フン)安保室長、ソ次長などが出席した。ソ次長は別途の質問は受けないと予告し、決定された内容のみを紹介して記者会見を終えた。

国民の力は青瓦台の発表に「絶望的」と批判した。ペ・ジュニョン報道官は口頭論評を通じて「北朝鮮指導者の一言の謝罪を空のように崇め、わが国民の涙の現実から目をそらした」とした。また、「故人と遺族に対する弔意と謝罪の表明が第一になるのが道理ではないか」と指摘した。同党のキム・ウネ報道官も「国民を失った悲しみより金正恩(キム・ジョンウン)委員長を失うか戦々恐々とする文在寅政府の思惑を公式化した会議」と批判した。

共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)代表はフェイスブックで北朝鮮側に共同調査を受け入れるよう促し、「遺体の火葬などにおいて南北の発表には違いがある」として「火葬」という表現のために野党の批判を浴びた。国民の力は「与党指導部がこの事件をどれくらい歪曲・隠ぺいしようと努めているのかを語るもの」とした。

民主党は対北朝鮮糾弾決議案について「公式提案」(25日午前)→「保留気流」(25日午後~27日午前)→「議論必要」(27日午後)に雰囲気が時々刻々変わった。金太年(キム・テニョン)院内代表が先に提案した対北朝鮮糾弾決議案は北朝鮮の謝罪が書かれた通知文が到着した25日以降保留の方に傾いた。尹建永(ユン・ゴンヨン)議員は「今回のようにわが政府の公式的な要求によってすぐにこのように(遺憾表明が)出てきたことがなかった」と話した。だが、民主党のキム・ヨンジン院内首席副代表はこの日、国会で記者会見を開き「北朝鮮の非武装民間人銃撃事件を与野党がともに批判すべきだという立場は明らかだ」と話した。

国会のレベルで北朝鮮に対する糾弾決議案を採択するための与野党の議論は国民の力が対政府緊急懸案質問を要求しながら不発になった。国民の力は青瓦台の前で1人リレーデモを継続した。正義党は北朝鮮に対する糾弾決議案の採択を各党に求めることにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国大統領主宰の会議で「北朝鮮の迅速な謝罪を肯定的に評価」

    2020.09.28 07:08
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領
    TOP