주요 기사 바로가기

北朝鮮、「海上蛮行」に対して3日間沈黙…新型コロナ防疫だけ強調

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.25 14:15
0
韓国海洋水産部所属漁業指導船に勤務していたが、今月22日夜、西海(ソヘ、黄海)北方限界(NLL)北側の海上を漂流していた公務員イさん(47)に銃撃を加え、遺体に火を付けた北朝鮮が事件発生から3日が経過しても沈黙を維持している。

25日午前10時現在、北朝鮮労働新聞など官営メディアはもちろん、対外宣伝メディアも関連事件については一切言及がない。その代わり、水害と台風被害を受けた咸鏡道(ハムギョンド)復旧事業と新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の防疫に関連した内容を扱うのみだった。これは韓国内メディアはもちろん、多くの外信が北朝鮮の蛮行を批判調で扱う雰囲気とは全く違う。

政府当局者は「北朝鮮は2008年7月、観光客パク・ワンジャさんが金剛山(クムガンサン)で北朝鮮軍に射殺された翌日、直ちに遺憾を表明した」とし「金正日(キム・ジョンイル)総書記(2011年死亡)が玄貞恩(ヒョン・ジョンウン)現代グループ会長に会った席で再発防止を約束したこととも違いがある」と話した。北朝鮮の反倫理的行為に対する国際社会の非難にもかかわらず、北朝鮮は一切対応をしないでいると説明だ。当時北朝鮮は金剛山観光を担当する名勝地総合開発指導局報道官名義で遺憾を表した。

当時真相調査に参加した前職当局者は「パク・ワンジャさん事件は多少偶発的に発生した情況があった」とし「今回は『上部』の指示によって発生した点で、北朝鮮による意図的行為とみられるだけに、北朝鮮が公開的な遺憾表明に出る可能性は低い」と話した。

金剛山観光の場合、北朝鮮が外貨を稼ぐ「ドル箱」だった点で銃撃事件として観光が中断される場合、北朝鮮に直接的な被害につながるおそれがあるという懸念も作用した可能性がある。また、現代峨山(ヒョンデアサン)職員が現地に常駐していて直ちに事件把握が可能で、現場が維持されていた点でも北朝鮮がうやむやにするには難しかった状況だ。

しかし今回の事件の場合、北朝鮮が新型コロナという「言い訳」をすることができるうえに、すでに韓国を敵と規定してすべての「取引」から手を引いた状況なので北朝鮮の立場では失うものがない。韓国政府が出て国際社会の対北制裁などを試みることも可能かもしれないが、これさえも北朝鮮が証拠(遺体)を海上で遺棄したため、北朝鮮がねつ造だと反発する場合、中国やロシアの参加を引き出すには限界があるという指摘だ。対応策を探している韓国政府の悩みが深まっているのもこのためだ。

国民大学の全賢俊(チョン・ヒョンジュン)兼任教授は「北朝鮮はスモーキングガン(明白な証拠)が発見された韓国哨戒艦『天安』爆沈事件についても自分たちの所業ではないと否定している」とし「国際社会の非難が始まった状況で、言い逃れをするか最初から対応しない可能性が高い」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP