주요 기사 바로가기

韓国軍「延坪島付近で船員1人行方不明…北で発見された情況把握」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.23 15:41
0
仁川延坪島(インチョン・ヨンピョンド)付近で韓国の漁業指導員1人が行方不明となっている中で、北朝鮮海域で行方不明者が見つかった情況が把握されて軍当局が調査に着手した。

23日、国防部によると、21日午後12時51分ごろ、小延坪島の南1.2マイル海上で海洋水産部所属の漁業指導船乗組員1人が行方不明になったという届出が海洋警察に入った。

行方が分からなくなっているAさん(47)は木浦(モクポ)にある西海(ソヘ、黄海)漁業指導管理団所属の海洋水産書記漁業指導公務員で、行方不明になった当日、小延坪島付近の海上漁業指導船で漁業指導業務を実施中だった。

この日午前11時30分ごろ昼休みにAさんの姿が見えないため同船していた他の乗組員が船内と付近の海上を捜索したが、船上からはAさんの履き物だけが見つかっただけでAさん本人は発見できず、海洋警察に届け出ていたことが確認された。

届出後、同日午後1時50分から現在まで、海洋警察および海軍艦艇、海洋水産部船舶、航空機など約20余りの救助勢力を投じて行方不明海域を中心に集中的に捜索したがAさんを発見することができなかった。

軍当局によると、行方不明翌日の22日午後、Aさんが北朝鮮海域で見つかったとの情況が把握されて精密分析中だという。軍当局は警衛や経路を調査する一方、北側に関連事実を確認するなど必要な措置を取っていくと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP