주요 기사 바로가기

【コラム】珍島犬の精子、マイナス196度凍結、韓国版「ノアの方舟」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.23 11:13
0
窒素タンクのモニターに「マイナス196度」と映し出されている。タンクをいっぱいに満たした窒素が一日0.5インチずつ減っているという数値も見える。慶尚南道咸陽郡(キョンサンナムド・ハミャングン)の家畜遺伝資源センター(以下、センター)凍結資源保管室の風景だ。高さ・直径各145センチの大型ステンレス窒素タンクが5個が配置されている。窒素タンクには牛・豚・鶏・山羊・馬など家畜7種の凍結精液28万4000点余りが保存されている。口蹄疫・鳥インフルエンザ(AI)などの拡散に備えて各家畜の精子(一部受精卵含む)を凍らせている。有事の際には精液を融解し、危機の家畜を生き返らせ、平常時には研究用として使用する。家畜遺伝子バンク、遺伝子ハブ(Hub)に該当する。タンク一つに20万点、つまり合計100万点を保存することができる。

キム・ソンウ・センター研究士は「タンク1本の値段が1億ウォン(約900万円)程度する。窒息の恐れがあり、常に2人1組で出入りしている」とし「今後、200万点まで保管できる空間を確保している」と話した。キム氏は「凍結精液は半永久的で、長距離輸送が可能だ。すぐにお金になるわけではないが、韓国の家畜を守る最後の砦、マジノ線と見ればよい」と説明した。

保管室の向い側には超低温冷凍庫室がある。生きている生殖細胞を集めた場所が凍結資源保管所だとすると、超低温冷凍庫室には死んだ家畜のDNA試料が入っている。冷凍庫室はマイナス70度に維持されている。現在、牛・鶏・鹿・犬など家畜9種のDNA7万9000点余りを保有している。イ・ソンス・センター長は「DNA試料は100%研究用だ。死んだDNAから生体を復元するのはSF小説や映画でも出てくるもの」としながら「今後、DNA試料をさらに幅広く収集する計画」と話した。

南徳祐山(ナムトギュサン)のふもとにある家畜遺伝資源センターを今月15日訪れた。ここに天然記念物7種の凍結精子を保存することにしたというニュースを聞いたからだ。人の往来がほとんどない海抜500メートルの丘陵地に総合研究棟が建っている。文化財庁とセンターが提携して珍島犬・サプサル犬・慶州東京犬・済州馬・連山烏鶏・済州黒豚・済州黒牛など7種から採取した精子1062点を冷凍保存するシステムを構築した。家畜伝染病が拡散する場合、一歩間違えれば絶滅する恐れがある天然記念物を保護することが目的だ。

今までは主に生きている家畜(生畜)中心に保存してきたが、今回は半永久的管理が可能な精子凍結技術を導入した。より安定した保存のために済州道(チェジュド)畜産振興院にも凍結精液969点を分散した。陸地と海、二元管理体制だ。天然記念物という大切な資源を種を後世にも伝えていくことができるようになった。キム研究士は「一度絶滅した動物を復元することはほぼ不可能だ」とし「遺伝子バンクを作って、これを次世代に伝えてこそ韓国畜産業の競争力を確保することができる」と強調した。

こちらは韓国家畜の「ノアの方舟」にたとえられる。冷凍精子はもちろん、生畜3000頭余りも育てている。家畜飼料用の草地をはじめ、韓牛・豚・鶏・山羊・鴨・鹿・綿羊などの畜舎を備えている。例えば牛の場合、韓牛・葛牛・黒牛・白牛・乳牛を網羅している。イ・センター長は「遺伝子源の確保の側面では生畜保存が最も良いが、予算・空間などの問題で冷凍精子を主に使用している」とした。キム研究士は「10年前、慶尚北道安東(キョンサンブクド・アンドン)で口蹄疫が吹き荒れたとき、安東葛牛40頭余りが殺処分されたが、当時センターに保管中だった葛牛の精液を送って安東葛牛の脈を引き継ぐことができた」と付け加えた。 【コラム】珍島犬の精子、マイナス196度凍結、韓国版「ノアの方舟」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】珍島犬の精子、マイナス196度凍結、韓国版「ノアの方舟」(1)

    2020.09.23 11:13
    뉴스 메뉴 보기
    韓国家畜遺伝資源センターで育てている韓牛。中央の白牛は毛と網膜に色素がないアルビノ症を持つ希少品種だ。[写真 家畜遺伝資源センター・文化財庁]
    TOP