주요 기사 바로가기

北朝鮮メディア、韓国野党の「秋美愛長官たたき」に…「第2のチョ・グク事態」批判

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.23 09:08
0
北朝鮮の対外宣伝メディア「メアリ」は秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官を狙った野党の攻勢に対して「第2のチョ・グク事態」と批判した。

このメディアは22日「第2のチョ・グク事態を見ながら」という見出しの記事で「4日間続いた国会対政府質問は言葉どおりに秋美愛(チュ・ミエ)から始めて秋美愛で終わった」として「第一野党である国民の力が秋長官息子の軍休暇をめぐる疑惑にすべての火力を注ぎ、秋長官の辞退を促すなど総攻勢を繰り広げた対政府質問は『秋美愛聴聞会』を彷彿とさせた」と明らかにした。

続いて「対政府質問の本来の趣旨は影も形もなく野党議員は『脱営』『皇帝』『母チャンス』などの表現で秋長官を圧迫することだけに注力した」として「国民の力は民生は後回しにして『秋美愛たたき』だけに没頭した」と指摘した。

また、秋長官息子のカトゥサ服務時代の休暇延長疑惑に関連して「すでに国防部長官が直接数回も規定上適法だと明らかにした事案」とした。

メディアは「根拠もなく疑惑だけが提起される政治攻勢がチョ・グク事態と少しも違うところがない」とし「現職法務部長官を前長官のようにまた再び落馬させて検察改革を座礁させようとする不純な政治工作」ともした。

また「腐敗疑惑に対する集中攻勢で世論が悪化して政府、与党の支持率が落ちれば、法務部長官が辞退して高位公職者犯罪捜査処の設置や検察改革など主な国政課題まで揺れるということを国民の力はチョ・グク事態から学習した」とし「国民の力は検察改革に乗り出した人なら塵ひとつでも捜し出して攻撃しようとし、それとも我を張って政治的打撃を与えようとしている」と主張した。

メディアは検察改革の必要性も強調して「検察改革は時代的な課題であり国民の命令」とも声を高めた。また「検察改革とともに保守積弊精算も同時に進めるべきだというのが第2のチョ・グク事態を見て得た結論」とした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮メディア、韓国野党の「秋美愛長官たたき」に…「第2のチョ・グク事態」批判

    2020.09.23 09:08
    뉴스 메뉴 보기
    秋美愛法務部長官[中央フォト]
    TOP