주요 기사 바로가기

防弾少年団が2年ぶりに国連で演説へ、「再び新しい世界を生きていこう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.22 12:04
0
防弾少年団(BTS)が2年ぶりに国連総会の特別演説者になる。ユニセフ韓国委員会は22日、「世界に伝える防弾少年団の希望メッセージが23日午前9時(韓国時間午後10時) に国連保健安保友好国グループ高官級会議で公開される」と明らかにした。

国連保健安保友好国グループは新型コロナウイルスをはじめとする保健安保事案を議論するため今年韓国主導で始まった。40カ国以上の国連加盟国が参加し、韓国、デンマーク、シエラレオネ、カタール、カナダが共同議長国を務める。今回の会議は国連ウェブテレビと韓国外交部のフェイスブックを通じ公開される。韓国時間23日午後10時から11時30分まで新型コロナウイルスと関連した国際社会の多様な見解が紹介される。

防弾少年団は2018年9月にグローバル青年代表としてニューヨークで開かれた国連総会に参加した。ユニセフの新しいアジェンダ「ジェネレーション・アンリミテッド」(10~24歳の青少年投資と機会拡大プログラム)の発表に合わせ「自身を愛そう(LOVE MYSELF)」をテーマに演説した。2017年からリリースしている『LOVE YOURSELF』シリーズのアルバムと連結されたメッセージとして大きい話題を集めた。

今回はさらに踏み込み、絶望から抜け出し互いに向けられた暖かな連帯で「再び新しい世界を生きていこう」というメッセージを伝える予定だ。新型コロナウイルスで疲弊した人たちを慰労するため先月公開した初の英語シングル『Dynamite』とも関連している。韓国歌手で初めて米ビルボードシングルチャート「ホット100」で1位に上がった彼らは2週目に1位、3週目に2位、4週目に2位と長期興行を継続している。

防弾少年団と所属事務所は2017年11月にユニセフの児童暴力根絶キャンペーン「エンド・バイオレンス(#ENDviolence)」協約締結後、「LOVE MYSELF」キャンペーンを進めている。2年間に26億ウォンの基金を贈り暴力に苦しむ子どもたちを支援した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    防弾少年団が2年ぶりに国連で演説へ、「再び新しい世界を生きていこう」

    2020.09.22 12:04
    뉴스 메뉴 보기
    防弾少年団は23日に国連総会に参加し演説する予定だ。
    TOP