주요 기사 바로가기

韓国、米中「先端技術冷戦」長期化に対応して日本などと協力を…国策研究機関

ⓒ 中央日報日本語版2020.09.21 10:17
0
韓国は米国と中国の「先端技術冷戦時代」に対応して基礎技術を確保し、日本、欧州、カナダとの協力を拡大する必要があるという韓国国策研究機関の分析が出てきた。

韓国産業研究院が20日に出した報告書「先端技術冷戦時代の産業・通商戦略」によると、米国と中国の先端技術をめぐる冷戦は長期化するという分析だ。

米国は友好国にクリーンネットワークプログラムに積極的に参加するよう要求し、中国孤立化の速度を高める見通しだ。中国は米国に対する技術依存度を低め、産業・通商中華圏戦略を構想している。

産業研はこうした「先端技術冷戦時代」に生き残るには、基礎技術を確保して技術競争力を強化するほか、関係国との連帯と協力が必要だと診断した。

産業研究院のキム・ドンス研究委員は「米国と中国のほか、欧州、カナダ、日本と技術標準分野で協力体系を多角化し、危険を分散する必要がある」と注文した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP