주요 기사 바로가기

<サッカー>孫興民、香川に続いてアジア選手2人目のEPLハットトリック

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.21 07:42
0
イングランドプロサッカープレミアリーグ(EPL)で1試合に4得点をマークした孫興民(ソン・フンミン、28、トッテナム)が、アジアサッカーの欧州舞台挑戦史に大きな足跡を残した。

孫興民は20日(日本時間)、英サウサンプトンのセント・メリーズ・スタジアムで行われたサウサンプトンとのEPL第2節に先発出場し、1-1に追いつく同点ゴールなど一人で4ゴールを決め、チームの逆転勝利(5-2)に貢献した。

4得点はアジア選手のEPL1試合最多得点記録。ハットトリックに関しては日本の香川真司(31、レアル・サラゴサ)に次いでアジア選手で2人目となる。香川はマンチェスター・ユナイテッド所属だった2013年3月2日のノリッジ・シティ戦でハットトリックを達成した。

孫興民は2017年3月13日、ミルウォールとのイングランドサッカー協会(FA)カップ8強戦でイングランド舞台で初めてハットトリックをマークしたが、EPLでのハットトリックは今回が初めて。トッテナム入団後、EPLリーグ試合で初のハットトリックを決め、自身の1試合最多得点記録も更新した。孫興民はドイツブンデスリーガを経てEPLまで欧州舞台で毎シーズン成長し、「ワールドクラス」となっている。

この日、サッカー統計専門サイトのフースコアドドットコムは試合後、孫興民に満点の10点を与えた。フースコアドドットコムは、孫興民の4得点をすべてアシストした後、後半37分に自らもゴールを決めたハリー・ケインにも10点を与えた。英サッカー専門メディアのフットボールロンドンの評点でも孫興民とケインは共に10点満点を受けた。

EPL公式ホームページの「キング・オブ・ザ・マッチ」投票で孫興民は71%の支持を受け、ケイン(19.6%)と大きな差があった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <サッカー>孫興民、香川に続いてアジア選手2人目のEPLハットトリック

    2020.09.21 07:42
    뉴스 메뉴 보기
    孫興民(ソン・フンミン)[写真 トッテナム インスタグラム]
    TOP