주요 기사 바로가기

韓国与党、金大中元大統領の息子・金弘傑議員電撃除名…財産虚偽申告、不動産投機疑惑

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2020.09.19 09:54
0
韓国与党「共に民主党」は金大中(キム・デジュン)元大統領の三男である金弘傑(キム・ホンゴル)議員を除名することにした。民主党は18日、緊急最高委員会議を開き、最近の財産虚偽申告と不動産投機疑惑で物議を醸した金弘傑氏に対して除名を議決した。今月16日、党倫理監察団を構成し、金弘傑氏に対する監察・調査に着手してから2日ぶりだ。崔仁昊(チェ・インホ)首席報道官は「党倫理監察団長である崔基相(チェ・ギサン)議員が、金弘傑氏に対する非常懲戒および除名を李洛淵(イ・ナギョン)代表に要請し、最高位も同意した」と伝えた。

崔報道官は除名決定の理由について「倫理監察団は虚偽申告など公職選挙法違反の有無に対する調査を開始したが、金弘傑氏が監察業務に協力するとみられなかった」とし「(金弘傑氏は)党の不動産政策趣旨に符合しない不動産過多保有などで党の品位を傷つけたと判断した」と説明した。懲戒議決の根拠としては「重大かつ顕著な懲戒の事由があるか、その処理を緊急に行わなければ党に重大な問題が発生する恐れがあると認められる場合、党最高位の議決で懲戒の処分ができる」という非常懲戒党規を挙げた。

この日の除名議論は、最高委員も緊急最高位が招集された後に知ったほどの速さで行われた。民主党の核心関係者によると、崔基相団長がこの日午後2時ごろ、李代表に「緊急報告が必要だ」と連絡し、これに対し李代表は通仁(トンイン)市場の訪問日程を短縮した後、午後4時30分ごろ国会に戻って崔団長の報告を受けた。この席で崔団長は「金弘傑氏から説明や主張を聞こうとしたが誠実に応じる意思がない。離党意志もないので除名を要請する」という趣旨で報告したという。崔報道官は「金弘傑氏も党の決定を異議なく受け入れた」と明らかにした。

この日の決定で金弘傑氏は2016年の民主党入党から4年で党籍を失うことになった。ただし、比例代表なのでひとまず議員職は維持する。公職選挙法第192条によると、比例代表議員は党籍を失ってもその理由が政党間の統合や政党解散、または除名の場合、議員職を失わないことになっている。金弘傑氏は4月の総選挙前の候補者財産申告の際、マンション分譲権〔今年2月の相場で12億3500万ウォン(1億1100万円)〕の申告漏れで、虚偽申告疑惑を受けてきた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国与党、金大中元大統領の息子・金弘傑議員電撃除名…財産虚偽申告、不動産投機疑惑

    2020.09.19 09:54
    뉴스 메뉴 보기
    金大中元大統領の三男で、与党「共に民主党」から除籍処分を受けた金弘傑議員。
    TOP