주요 기사 바로가기

【時視各角】今までこんな政府はなかった=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.18 11:40
0
「小説を書くつもりか」と怒りを見せた秋美愛(チュ・ミエ)法務部長官が、今では「私と息子が最大の被害者」という詭弁でむしろ国民を愚弄している。「検察が明らかにしてほしい」というが、いかなる捜査結果が出てもそのまま信じる人はどれほどいるだろうか。捜査でなく捜査するふりをしながら騒ぐショーと見る目が多いからだ。捜査に消極的な人たちにまた捜査を任せれば当然のことだ。検察だけでない。与党・政府・青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)が「秋美愛安保」に総力戦で臨んでいる。特権層の不正と特恵よりも深刻なのが、団結して詭弁でかばおうとする政権の不通と傲慢だ。この政府の最も大きな特徴に挙げられる。

韓国社会で公正性は兵役・入試・就職が1次的な判断基準となる。ろうそくデモもチョン・ユラの大学入試特恵が発火点だった。そのような怒りのエネルギーで執権した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は就任後、「特権層で起きた事件の真実を究明できなければ正義社会をいうことはできない」とし、公訴時効が過ぎた事件までも事実を確認するよう指示した。それで多くの過去の問題までが捜査対象に含まれた。王朝時代の東学革命も再調査する状況という声も出てきた。ところが自分たちは無条件に正しい態度だ。さらには安重根(アン・ジュングン)義士論までが出てきた。秋長官の息子は連休を取った功労で偉人伝に含まれる状況だ。

チョ・グク前法務長官、尹美香(ユン・ミヒャン)議員、秋美愛長官の3人は自称「公正政府」の看板スターだが、全く同じ罠にはまった。最初の法務部長官は「パパチャンス」がどのように一般青年の大学入試機会を奪い取る不公正な結果をもたらすかを見せた。バトンタッチした後任者は、普通の兵士なら考えられない特別な措置が「ママチャンス」なしにどのように可能なのかという疑問を呼んだ。正義を前に出したビジネスもある。政権は驚くほど同じ意地と詭弁で国民を心を傷つける。個人の不正と検察改革にいったい何の関係があるのか。捜査の対象が法務部長官の席に座って捜査を妨害するのが検察改革なのか。文大統領は「特権層が談合して国民に挫折と傷を与える特権と反則の時代を終わらせるべきだ」と述べた。また「わが政権に入ってから国家情報院・検察・警察で過去のように激しく非難される権力型不正、政経癒着不正は1件も発生しなかった」とも語った。元・現法務部長官、与党議員こそがまさにそのような事例ではないのか。父母が誰かによって大学に行く道が変わり、軍隊での生活が変わる国は「機会が均等で、過程が公正で、結果が正しい国」ではない。「反則と特権がない国、いかなる不公正と不条理も容認されない社会」はなおさら違う。

公職の権限は息子・娘の便宜を図るために与えられるのではない。一般の兵士なら想像もできない軍生活が秋長官の息子に限り繰り返し見られた。「秋美愛」を抜いて考えられないことだ。このあたりでもう大統領の真相究明指示、責任を問うという立場が出てこなければいけない。少なくとも国民に対して謝罪でもする必要がある。しかし一言も言及はない。過去の政権の問題に対しては「捜査機関が故意に不十分な捜査をしたり、さらには積極的に真実究明を遮断してかばった状況が見られる」と一つずつ細かく批判した。同じ指針を出せない理由はない。

民主主義は敗者の復活を保障するという点で優秀な政治制度だ。過去の王政や独裁時代には権力を失うことが死に帰結した。それで権力を握れば反対派を殺そうとした。しかし民主主義体制では権力を失っても国民の支持さえあれば再び権力を握る機会が訪れる。「成功ほど成功的なものはない」という言葉と共に「失敗ほど成功的なものはない」という逆説も通用する。重要なのは失敗をしても笑い者になってはいけないということだ。チョ・グク、秋美愛、尹美香の特権が崔順実(チェ・スンシル)、チョン・ユラの特恵と全く違うということを説明できればよい。それとも、すでに起きてしまった事件の処理だけは、はるかに潔く堂々と話すことができればよい。いま果たしてそうだろうか。

チェ・サンヨン/論説委員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP