주요 기사 바로가기

北朝鮮外務省、日本の歴史歪曲の試みを批判…「戦犯国で育つ毒草」

ⓒ 中央日報日本語版2020.09.18 10:10
0
北朝鮮が日本の右翼団体などの関東大震災虐殺と731部隊の生物・化学兵器戦否認の動きについて、日本政府を批判した。

北朝鮮外務省は18日、ホームページに日本研究所のチャ・ヘギョン研究員名義の「戦犯国の風土で育っている危険な毒草」というタイトルの記事で「(日本社会で)歴史的事実を否定して歪曲しようとする動きが極めて深刻化している」と指摘した。

チャ研究員は「血なまぐさい日帝の蛮行史は、いつになっても歳月の苔が覆うことができないもの」とし「どうして新しい世紀の20年代に至る今日までも、日本社会で歴史的事実を必死に否定し、むやみに歪曲しようとする動きが深刻化しているのか」と述べた。

チャ研究員は「(歴史歪曲の深刻化の原因は)歴史的事実を自虐的なものとして罵倒しながら、過去の犯罪に対する真相の調査と犯罪者の処罰などによる真の過去の清算を回避し、厳然たる真実を歪曲して誤った歴史観を浸透させる組織的な行為を黙認・助長・庇護してきた現日本当局の扱いにある」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP