주요 기사 바로가기

【コラム】金正恩も電気自動車・半導体工場を現地指導できるようにするには…(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.17 11:50
0
北朝鮮を正しく知っていく第一歩は表と裏で異なる体制属性を見抜くことだ。労働党一党独裁と世襲統治の弊害はなかなか露わにならない。たまたま行くことになった北朝鮮訪問で徹底的に教育を受けた案内員(監視員)の肩越しに見た華やかな姿を北朝鮮体制の隠された素顔だと考える人も少なくない。労働新聞を読みふけり、机で習った知識を掲げて北朝鮮専門家を気取るケースはいくらでもある。20代の青年・学生時代に主体思想に魅惑されてはまってしまい50歳を過ぎてもその譫妄から抜け出せていない人たちが韓国社会と権力の各所に布陣しているのは残念な現実だ。

北朝鮮のもっともらしい話や演出された映像、宣伝・扇動に引きずられるより、その本心と行間の意味を読み出すこといつになく切実だ。最近水害復旧現場を相次いで訪れ「愛民」メッセージを降り注ぐ金正恩(キム・ジョンウン)の歩みも同様だ。

一昨日、国営宣伝メディアである朝鮮中央テレビで公開された国務委員長金正恩の歩みからは、北朝鮮体制の表裏不同が赤裸々に感知される。台風被害を受けた黄海北道(ファンヘブクド)の江北里(カンブクリ)を訪れた金委員長は、北朝鮮軍が動員された復旧現場を視察した。「(人民軍将兵の)献身と苦労の前に頭が下がった」という金正恩の発言に軍に対する厚い信頼がにじみ出る。「信じるべきものは軍隊だけ」という認識だ。

◇ドローンまで飛ばして水害復旧現場見せる

被害現場を憂いに満ちた表情で視察した金委員長は、新たに建設された住宅地区を見回り「裕福で文化的な社会主義農村に転変させるための責任的で重要な事業に国家的な支援を大幅増強しなければならないだろう」と強調した。そして赤い屋根で単層と複層で建てられた建物50棟を見て回り満足そうな姿を見せた。ここまでの言葉と行動だけ見ればまるで1960~70年代の韓国のセマウル運動現場で会うことができる当代の韓国のリーダーシップスタイルだ。

問題は金正恩が住宅内に入って現れた。居間とトイレ、台所などを見て回り食器棚とかまどなどを見て回る金委員長を追うカメラのアングルには仕上げ段階に入った家の様子が鮮明に写された。ところが部屋のドアや窓枠などは新しく建てた家とは信じられないほど古くてぼろぼろに見えた。水害現場で崩壊した家を整理して持ってきたものや他の地域のものを再利用しているようだった。ドアは鉄製の取っ手まですべて黄土色のペンキで新しく塗られていた。異例のドローンまで飛ばして撮影した復旧現場の遠景と近接撮影の場面は明らかに違っていた。金正恩が直接指揮して住民に公言した「プレゼント住宅」のドアひとつもまともに作れないほど満身瘡痍となった北朝鮮経済の素顔が現れた瞬間だ。

こうした実状はその他の地域の水害復旧現場も大きく変わらない。12日の報道で金正恩が訪問した黄海北道銀波郡(ウンパグン)の洪水被害復旧現場も事情は似ている。中を見てみればお粗末な水害復旧で民生に目配りするショーをしているにすぎないということが確認される。

それでも金委員長は依然として水害復旧にすべてを賭ける勢いだ。彼が労働党幹部会議や現場訪問の際に吐き出す言葉をくみ取ってみれば、今年に入り自身が打ち出した政策路線や野心に満ちたプロジェクトがすべて水の泡になったことをこの機会に埋め合わせようという勢いだ。ややもすると民心離反を招きかねない災害状況を積極的に活用し幹部に対する責罰と迅速な復旧指示、現場指揮などにより民生への目配りを演じている雰囲気も感知される。 【コラム】金正恩も電気自動車・半導体工場を現地指導できるようにするには…(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】金正恩も電気自動車・半導体工場を現地指導できるようにするには…(1)

    2020.09.17 11:50
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長
    TOP