주요 기사 바로가기

韓経:ギャラクシーフォールド2「完璧に折りたためる」…サムスンディスプレイの技術に注目

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.17 09:33
0
1日に発売されたサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーZフォールド2」が「ほぼ完璧に折れる」という好評を受け、パネルを開発したサムスンディスプレイの新技術に関心が集まっている。

ギャラクシーZフォールド2のディスプレーはサムスンディスプレイの3番目のフォルダブルOLED(有機発光ダイオード)パネル。曲率は1.4Rと世界で最も小さい。曲率(R)の数値は折りたたまれる部分の空間がどれほどになるかを表す指標で、小さいほどディスプレーがしっかりと折れる。1.4Rは半径1.4ミリの円の曲がり具合を意味する。

一般的にパネルを曲げて伸ばせばパネルの表側は縮み、裏側は伸びながら構造が変形する。曲率が小さいほどパネルが受ける力も強まって歪みやすい。しっかりと折れながら丈夫なパネルを生産するのに高度な技術力が必要な理由だ。

新製品は曲率だけが小さいのではない。従来のギャラクシーZフリップのパネルと比較して折りたたまれる部分が1.7倍増えた。それだけパネルに大きな力がかかる。サムスンディスプレイは耐久性問題を克服するため、パネルを折りたたんだ時に積層構造が外部の力を緩衝するように設計した。また、表面を保護するカバーウィンドウを従来の透明ポリイミドより強い超薄膜強化ガラス(UTG)にした。

素材を変えたことで得た付随的な効果もある。画面がさらに美しく見える。この製品はグローバル認証機関ビューロベリタスから20万回折りたたんでも耐久度が損なわれなかったという認証を受けた。

スペックも従来の製品より改善された。2208×1768の解像度で、大きさも7.3インチから7.6インチに拡大された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP