주요 기사 바로가기

BTS、コロナ期間中のツイッター最多言及アーティスト1位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.16 16:09
0
防弾少年団(BTS)が新型コロナ流行期間中に米国内のツイッター利用者が最も多く言及したアーティスト1位に選ばれた。

ビルボードは15日(現地時間)、ツイッターが発表したトレンド報告書「ツイッター・フローム・ホーム」を引用し、米国の利用者が最もよく言及したアーティストがBTSだったと伝えた。調査期間は3月1日からの6カ月間。

2位は米大統領選出馬を宣言して話題になったラッパーのカニエ・ウェスト、3位はビジュアルアルバム「ブラック・イズ・キング」を発表したポップスターのビヨンセだった。ラッパーのドレイクが4位、新曲「WAP」で旋風を起こしているラッパーのスタリオンが5位だった。

K-POPグループのNCTが6位、ATEEZ(エイティーズ)が8位に入った。両チームは第2のBTSを夢見て米国に進出し、ファンダムを拡張している。BTSは先月21日に発表した英語シングル「ダイナマイト」が2週連続でビルボードのメインシングルチャートHOT100で1位になった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BTS、コロナ期間中のツイッター最多言及アーティスト1位

    2020.09.16 16:09
    뉴스 메뉴 보기
    BTSの新曲「ダイナマイト(Dynamite)」のミュージックビデオがユーチューブで視聴3億回を突破した当時の記念写真。[写真 ビッグヒットエンターテインメント]
    TOP