주요 기사 바로가기

「燃料電池を発電機に」…欧州輸出の道を開いた現代車

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.16 10:46
0
電気自動車技術を先導する現代車が水素燃料電池システムで欧州輸出の道を開いた。

現代車は16日、釜山(プサン)港からスイス水素貯蔵技術会社「GRZテクノロジー」に水素燃料電池システムを輸出したと明らかにした。現代車が水素燃料電池に関連して非自動車分野で輸出するのは今回が初めてだ。

現代車が輸出したのは、燃料電池自動車「ネクソ」に搭載する95キロワット級の燃料電池システム。現代車によると、GRZなど欧州のエネルギースタートアップは、ネクソの燃料電池システムを利用して非常電力供給と移動型発電機を生産する計画だ。

現代車は「EU執行委員会が7月に水素経済戦略を発表して以降、水素燃料電池システムの初めての海外販売」とし「エコ先進市場の欧州で韓国の優秀な技術力を知らせる良い機会になるだろう」と明らかにした。

GRZは独自の「水素貯蔵合金」技術を保有するスイスの会社で、「メタルハイブリッド圧縮機」と水素吸着分析システムを開発中だ。同社は一般水素貯蔵タンクより貯蔵圧力が著しく低い状態でも5-10倍の水素を貯蔵できる技術を保有する。現代車は昨年10月からGRZと水素貯蔵技術分野で協力している。

現代車のキム・セフン燃料電池事業部長(専務)は「今回の欧州輸出で現代車の燃料電池システムの多様な適用の可能性と事業の拡張性を確認した」と話した。

現代車は先月、オーストラリア国策研究機関の豪連邦科学産業研究機構(CSIRO)、鉄鉱石大手フォーテスキュー・メタルズ・ グループ(FMG)と水素生産技術開発に共同参加する協約を結んだ。続いて今回の水素燃料電池システム輸出で水素事業の多角化を模索することになった。

現代車は「今回の輸出を通じて自動車販売という伝統的な事業領域を越え、全分野で水素社会の実現を操り上げることができる重要な成果を達成することになった」と明らかにした。現代車は今後、米国・中国などに水素燃料電池システム輸出を拡大し、水素産業の領域を広げていく計画だ。

現代車は昨年、世界市場で燃料電池車ネクソを4987台販売し、同部門1位になった。今年上半期も3292台を販売してトップを守った。7月には世界で初めて30トン級の燃料電池トラックを量産して輸出するなど燃料電池車市場を主導している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「燃料電池を発電機に」…欧州輸出の道を開いた現代車

    2020.09.16 10:46
    뉴스 메뉴 보기
    現代車が欧州に輸出した「ネクソ」の水素燃料電池システム。 [写真 現代車]
    TOP