주요 기사 바로가기

売り上げ10%減少も利益率は善戦、韓国企業「乾いたタオル」絞った

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.16 10:45
0
4-6月期に韓国企業の売上高が前年同期より10%以上減った。昨年1-3月期から6四半期連続で売上減少が続いた。

韓国銀行は4-6月期の企業経営分析資料を15日に発表した。この資料によると、4-6月期の韓国企業の売上減少率は10.1%を記録した。韓国銀行が四半期別の統計を出し始めた2015年1-3月期以降で最も悪い成績だ。新型コロナウイルスの影響が本格化し4-6月期に企業の売上減少率は1-3月期の1.9%の5倍以上だった。今回の調査は昨年末基準の外部監査対象企業3862社を対象にした。これら企業の売上は韓国企業全体の3分の2ほどを占める。

4-6月期の製造業売上高は12.7%減った。新型コロナウイルスによる売り上げ減少の衝撃が非製造業の6.5%より大きかった。業種別で石油化学が26.8%、運送装備が17.3%、繊維衣服が15.9%、金属製品が15.2%など、売り上げが大幅に減った。韓国銀行のキム・デウン企業統計チーム長は「国際原油価格下落と旅客・貨物輸送減少、全般的な需要不振などが売上高減少に影響を及ぼした」と話した。非製造業では運輸業が15.8%。卸小売業が6.9%と大幅な売上高減少率を記録した。

新型コロナウイルスの衝撃の強さは企業の規模により違った。韓国銀行は証券市場に上場された1851社の別に分析した。上場企業のうち上位25%の売上高は4-6月期に12.1%増加した。ただし1-3月期の16.3%と比較すると増加率は4ポイントほど低くなった。上場企業のうち下位25%の売上高は4-6月期に26.2%減った。これら企業の売上高減少率は1-3月期の14.2%より12ポイント拡大した。

韓国企業の4-6月期売上高営業利益率は平均5.3%だった。企業が1000ウォン分の商品を売ると53ウォンの利益を残すという意味だ。昨年4-6月期の5.5%と比較すると小幅に低くなった。だが新型コロナウイルスの衝撃と売上高の急減を考慮すると収益性指標ではそれなりに善戦したと評価される。業種別では機械・電機電子が7.4%、情報通信が9.5%、建設が6.7%、運輸業が6.4%と売上高営業利益率が1年前より高まった。企業が売上高減少に対応するためにコストを減らして持ちこたえた影響とみられる。

キム・デウン企業統計チーム長は「非対面取引の拡散により広告費など販売・管理費が減った効果。機械・電機電子の収益性改善は需要増加と半導体価格上昇の影響」と話した。運輸業の収益性改善は国際航空貨物の運賃上昇に伴うものと分析された。

企業の財務安定性を示す負債比率は1-3月期の88.2%から4-6月期は87.0%に低下した。12月決算法人の場合、会計帳簿で負債として計上された配当金を4月に支給して帳簿上の負債が減ったためとみられる。企業の負債から資本を差し引いた総資産で借入金が占める割合を示す借入金依存度は1-3月期の25.3%から4-6月期には25.6%と小幅に上昇した。キム・デウン企業統計チーム長は「大企業を中心に社債純発行規模が拡大した」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    売り上げ10%減少も利益率は善戦、韓国企業「乾いたタオル」絞った

    2020.09.16 10:45
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルスの余波で韓国企業の4-6月期売上高が前年同期より10.1%減った。売上高営業利益率は5.3%を記録した。1000ウォン分の商品を売って53ウォンを稼いだという意味だ。写真はHMMのコンテナ船が米ロングビーチ港で荷役作業をする様子。[写真 HMM]
    TOP