주요 기사 바로가기

韓経:「ファーウェイ締め出し」で年間13兆ウォンの顧客失う…半導体・ディスプレー市場構造に変化

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.15 10:35
0
中国ファーウェイを狙った米国の輸出規制が15日から始まる。ファーウェイは生死の岐路に立たされたが、韓国も米中貿易紛争の渦に巻き込まれることになった。サムスン電子とSKハイニックスは年間10兆ウォン規模のメモリー半導体市場を失うことになった。半導体だけでなく、通信とディスプレー業界もファーウェイ制裁にともなう市場争奪戦と生き残りゲームに入るだろうとの分析が出ている。

14日の関連業界によると、この日までファーウェイへの輸出ライセンスを得た韓国企業は1社もない。米商務省は先月17日に米国の技術と装備を利用して製造した半導体をファーウェイに供給することを原則的に禁止し、取引のためには別途のライセンスを受けなければならないと発表した。輸出規制発効前日のこの日までライセンス発行の知らせは聞こえてこない。韓国政府関係者は「公式に確認するのが難しい事案」としながらも「対外的に知られていることと大きく異ならない」と話した。

20日からは中国だけで11億人のユーザーを確保した「国民的メッセンジャー」のウィーチャットに対する米国政府の制裁が追加される。アップルのiPhoneなどにウィーチャットをダウンロードさせないようにすることが核心だ。業界では中国の消費者がウィーチャットをダウンロードできないiPhoneを購入しない可能性に注目している。この場合アップルにディスプレー製品を供給してきたサムスンディスプレーとLGディスプレーが打撃を受ける。

専門家らは米中貿易紛争がIT業界の秩序を変えていると分析する。メモリー半導体企業はファーウェイの代替需要を確保することが急務だ。1次ターゲットはシャオミ、OPPO、Vivoなどファーウェイ以外の中国スマートフォンメーカーだ。ファーウェイの空白を機会に2位グループの企業の中国市場での支配力が極めて高くなる可能性に注目する雰囲気だ。

通信装備とスマートフォン市場も激変が予想される。米国政府の輸出規制により世界の通信装備市場で1位のファーウェイの行動半径が狭まるだろうと分析される。スマートフォン市場もファーウェイの抜けた席を奪うための戦いが激しくなりそうだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP