주요 기사 바로가기

韓経:米エヌビディア、ARMを400億ドルで買収…半導体の新しいライバルになるか、サムスン「緊張」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.15 09:14
0
アップル「Aシリーズ」、サムスン電子「エクシノス」、クアルコム「スナップドラゴン」。これらブランドの共通点はファブレス(半導体設計専門)企業ARMの設計を基盤に開発されたというところにある。「ファブレスの中のファブレス」と呼ばれるARMがエヌビディアの傘下に入ることになり韓国の半導体業界が緊張している。これまでは「リーグ」が違ったエヌビディアが潜在的競合企業に浮上しかねないためだ。

米国のファブレス企業エヌビディアは13日、英国のARMをソフトバンクから400億ドルで買収することに最終合意したと発表した。エヌビディアは自社株215億ドル相当と現金120億ドル、契約金20億ドルをソフトバンクに支払うことにした。

サムスン電子など韓国企業は神経を尖らせている。エヌビディアはグラフィック処理装置(GPU)専門ファブレス企業だ。サムスン電子とSKハイニックスとは主力市場が重ならない「隣町の住民」だった。しかしエヌビディアがARMを買収した後にこれら企業が同じ町内で出会う可能性が高まった。

自動車用半導体市場が新たな競争の舞台になりそうだ。エヌビディアは人工知能(AI)分野で市場を広げ車両用アプリケーションプロセッサ(AP)進出を準備している。半導体業界ではエヌビディアがモバイルAPの基本技術を保有しているARMを買収したのもこのためだと説明する。

自動車用APはサムスン電子が未来の収益源に挙げる分野のひとつだ。SKハイニックスも昨年車両用半導体の研究開発組織を新設するなど次世代事業を準備している。一部専門家はエヌビディアがサムスン電子の同志から敵に変わるかもしれないと分析した。

世界のモバイルAP基礎設計の90%以上を受け持っているARMの市場支配力も潜在的脅威に挙げられる。サムスン電子とクアルコムなどはARMの基礎設計に自分たちのノウハウを加えて製品を設計してきた。このため一部ではエヌビディアがARMを買収すればライセンス使用料が上がるかもしれないとの指摘が出る。しかし当分は容易ではないというのが半導体業界の分析だ。半導体協会のアン・ギヒョン常務は「各進出国政府の買収承認を得なければならない状況で価格を引き上げ反独占議論を育てる可能性は少ない」と説明した。

漢陽大学融合電子工学部のパク・ジェグン教授は「エヌビディアがARMの技術を活用してモバイルなどの領域に拡張すれば脅威はもっと大きくなる。これに対し半導体生産を増やすことになればファウンドリー(半導体受託生産)部門では好材料として作用できる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP