주요 기사 바로가기

韓経:「アベノミクス・シーズン2」予告した菅氏…財政赤字・雇用悪化の宿題引き継ぐ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.15 08:41
0
16日の臨時国会で日本の第99代首相に就任する菅義偉自民党総裁の前にはイバラの道が敷かれている。菅次期首相の任期は安倍晋三首相の残り任期である来年9月末までだ。「1年だけの首相」にとどまらないようにするには国会を解散して早期に総選挙をしなければならない。第2次世界大戦以降で最悪の危機を迎えた経済を回復させると同時に新型コロナウイルスの感染拡大も防がなければならない。「故障したアベノミクス」にも手を入れなければならない。来年7月に延期された東京五輪の開催も彼の役割だ。

◇安倍氏継承するというが…

菅氏は安倍内閣の政策を忠実に継承すると公然と明らかにした。特に経済政策に関しては「アベノミクスを責任を持って続け、さらに進展させる」と強調した。アベノミクスの根幹である金融緩和と財政拡大は必要であれば加速するとまでした。専門家らは新政権の政策に大きな変化はないものと予想しながらも、菅氏がアベノミクスを加速化するということに懸念を示している。安倍内閣後半期に入り大規模金融緩和と財政拡大を8年近く維持したことに伴う後遺症が各種指標で確認されているためだ。

安倍首相の在任期間に日本の国の債務は国内総生産(GDP)比2.4倍に増えた。財政の国債依存度は32%から56%に上昇した。企業の設備投資と家計消費が増えず財政支出だけで経済を動かそうとした結果だ。無制限の量的緩和の疲労度も危険水位だ。政府が発行する国債を大量に買い入れた日本銀行の国債保有残高は2013年3月末の128兆円から現在では499兆円に4倍近く増えた。日本国債の44%を日本銀行が持っている。8月末現在の上場指数ファンド(ETF)保有金額も33兆円に達する。その結果日本銀行の総資産も8年ほどで4.3倍に増加した。日本銀行が肥大化するほど出口戦略は難しくなる。国債の割合を減らそうとすれば国債価格が下がり、金利が上がって株価が暴落するためだ。

日本銀行がほぼすべての金融緩和手段を動員したため菅氏が使えるカードも多くないという評価だ。木内登英エグゼグティブエコノミストは産経新聞に、「潜在成長力が落ち景気が不振だったのに安倍政権はデフレ脱出にだけ焦点を合わせた。新首相は財政・金融政策を大幅に転換しなければならないだろう」と話した。

少子高齢化の進展により雪だるま式に増える社会保障費支出は政権の安定性を脅かす時限爆弾だ。年金と医療保険、育児手当てなど日本政府が年間に支給する社会保障費は2018年の121兆円から2040年には190兆円に増える。安倍首相は「内閣最大の挑戦」としながら高齢者の社会保障費を減らし現役世代の福祉を増やす少子高齢化対策を推進したが、これからは菅氏が解決しなければならない宿題となった。総裁選挙期間に彼は消費税引き上げに言及したが世論の反応あわてて撤回することもした。

◇韓日関係に大きな変化なさそう

菅次期首相就任後の韓日関係に当分大きな振れ幅はないだろうとの見通しが出ている。菅氏が外交政策と関連して安倍首相と相談すると公言しただけに安倍政権と大きな差別点はないだろうとの見方が出ている。「強制徴用判決賠償問題は韓国政府が解決すべき」という日本政府の公式立場をそのまま継続するだろうという観測だ。首相の任期が1年余りにすぎない上に韓国に対する日本国内の国民感情も否定的なだけに、首相就任後に改善の契機を設けるのは容易でないだろうとの見通しが支配的だ。

ただ新首相が就任すれば祝電送付、顔合わせなど疎通できる「外交的契機」が用意され、関係改善に肯定的な要因と評価される。昨年12月の韓日首脳会談以降両国首脳はまだ一度も通話していない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP