주요 기사 바로가기

台湾の観光客120人、飛行機に乗って済州上空へ…「仮想韓国旅行」

ⓒ 中央日報日本語版2020.09.14 11:17
0
新型コロナウイルス感染症の影響で海外旅行が制限されている中、該当国の上空を旋回して回航する「仮想出国旅行」が関心を集めている。

韓国観光公社は台湾の旅行会社イージーフライ(易飛網)、台湾の航空会社タイガーエア(台湾虎航)と共同で済州(チェジュ)の上空を旅行する航空便体験商品「済州仮想出国旅行アーリーバードプロモーション」商品を出し、4分で完売したと14日、明らかにした。

台湾観光客120人が参加するこの商品は、19日に台北空港を出発し、済州空港には着陸せず、済州上空を旋回した後に台湾に回航する商品。飛行機に搭乗する前に韓服を着て写真を撮影し、韓国遊び体験などさまざまなプログラムが機内で進行される。韓流ドラマでよく知られているチメク(チキン+ビール)が機内食でサービスされ、済州特別自治道、済州観光公社と共にする済州観光説明会、クイズショーなどが続く。

特に、今回の商品には新型コロナ克服後に韓国と台湾の観光交流が再開される時点から1年以内に使用できる訪韓往復航空券が含まれていて、2000台湾ドル(約8万ウォン相当)を追加すればホテル1泊宿泊券も購買でき、実際の訪韓需要につながる見通しだ。韓国観光公社台北支社の調査によると、全体の回答者(518人)の82%が新型コロナ安定後に海外旅行をすることを希望していて、訪問希望国1位に韓国(71%)を選んだ。

韓国観光公社の関係者は「海外旅行に対する渇望が日々強まっている中、航空便体験商品を通じて『出国』と『機内』を体験する新しいトレンドが確認されている」とし「新型コロナのため観光市場が沈滞しているが、新型コロナ後に備えて新しい市場を模索していきたい」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    台湾の観光客120人、飛行機に乗って済州上空へ…「仮想韓国旅行」

    2020.09.14 11:17
    뉴스 메뉴 보기
    台北国際観光博覧会の韓国館の仮想出国旅行 [写真提供=韓国観光公社]
    TOP